■W杯の組み合わせ決定!

 本日(ドイツ時間では昨日)2006年ワールドカップドイツ大会の組み合わせ抽選会が行われました。

日本(BB)はF組に入り、

初戦から順に、オーストラリア(B+) クロアチア(A) ブラジル(A)と対戦します。(カッコ内は当国際サッカー戦略研究所格づけ)

 皆さんはこの組み合わせどう見ましたか?

一部マスコミから楽観論が出ているようですが、どういう根拠でそんな話になっているのでしょうか?

 オーストラリアは実力的にほぼ互角で、日本がちょっとだけ上回るかといったところ、

クロアチアは98年大会以来の対戦となりますが、シューケル、ボバン、プロシネツキがいた当時のチームはW杯優勝も狙えるチームでしたが、今回のクロアチアもイブラヒモビッチがいるスウェーデンを押さえて、トップで予選通過してきたチームですから、相当手ごわいとみてよさそうです。

そしてブラジルはいわずもがなの優勝候補ということで、ハードな組に入ってしまったことは間違いありません。

 唯一救いなのは対戦順ではないでしょうか。

日本にとって今回のワールドカップは、大会の入り方がまず第一に重要になってきます。

第一戦のオーストラリアには何が何でも勝って、勝ち点3をとらなければなりません。できれば1点でも多く、得失点差をつけておきたいところです。

第二戦のクロアチア戦が事実上のグループリーグ最終戦となるかも。 クロアチアが第一戦のブラジル戦でどういう結果を出すかによっても違ってきますが、日本がこの試合で勝って2連勝とすることができれば、ほぼ勝負は決まります。 最悪でも歯食いしばって、引き分けにしておかなければなりません。

第三戦のブラジル戦ですが、日本としてはブラジルが既に2連勝してグループリーグ突破を決めていてくれることを祈るばかりです。 もしそうなればメンバーを落として主力を温存し、”流し”に入ったブラジルと戦うことができます。

1勝2分が”合格最低ライン”でしょう。1勝1分け1敗だと得失点差の争いになりそうで、日本にとっては厳しいと思います。

 それでは他の組もみてみましょう。

A組 ドイツ(A) コスタリカ(BB-) ポーランド(BB) エクアドル(BB)

B組 イングランド(A) パラグアイ(BB-) トリニダード・トバゴ(B) スウェーデン(AA-)

C組 アルゼンチン(A-) コートジボワール(B+) オランダ(A) セルビア・モンテネグロ(A)

D組 メキシコ(BB-) イラン(BB) アンゴラ(BB) ポルトガル(A)

E組 イタリア(A) ガーナ(C+) アメリカ(BB) チェコ(AA)

F組 日本(BB) ブラジル(A) クロアチア(A) オーストラリア(B+)

G組 フランス(AA) スイス(A) トーゴ(B+) 韓国(B)

H組 スペイン(A) ウクライナ(BB) チュニジア(B) サウジアラビア(B+)

 ざっとみてみるとAランクのチームがひとつの、開催国ドイツが入ったA組とスペインのいるH組は、第1シード国にとって、割合戦いやすい組となっています。

その他の組はまずまず均等に振り分けられたと言えるのではないでしょうか。

例外なのがC組。 当研究所でAランクの格づけを与えているチームが3つも入った上に、ドログバのいる新興勢力のコートジボアールも勢いに乗っていてあなどれない存在です。 アルゼンチンはここのところ”死のグループ”に良く入りますね。

 大会まで半年あまり。ドイツ大会は日本代表・黄金世代の総決算の大会となります。 日本代表各選手は、高い志(こころざし)と甘えを絶った厳しい心を持って、残り少ない準備の時間を大切に使って欲しいと思います。
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

■トラックバック

■行ける!!

遅ればせながら抽選会の結果を受けて・・・。グループA開催国有利になるっていうのがまた!開幕戦、余程の事がない限り負けないだろうし、他も負ける相手ではないからね。

■サッカーW杯 抽選結果

サッカーワールドカップの抽選がありましたね。A組 ドイツ コスタリカ ポーランド エクアドルB組 イングランド パラグアイ トリニダード・トバゴ スウェーデンC組 アルゼンチン コートジボワール セルビア・モンテネグロ オランダD組 メキシコ イラン ア

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索