■シュート決定力をあげるには?

前回のつづき

 今回はシュートの決定力の問題について、お話したいと思います。

さて今年最後の代表Aマッチとなったアンゴラ戦では、多くのシュートをはずした高原・柳沢両選手に「決定力が無い」「もっと早く決まっていれば、あんなに苦戦せずにすんだ」と批判が集まりました。

 しかしスパルタクは前回の試合終了後の記事で、決定力の問題にはふれませんでしたし、これまでの記事でもシュートをはずした選手を狙い撃ちにして、きびしく批判するような事はしてきませんでした。

それはなぜかと言えば、たとえばポジショニングのミスだと戦術眼の低い選手は、自分がミスをした事すら気づかずに試合が終了してしまうことも珍しくありません。

しかし、打ったシュートがゴールからはずれれば、シュートを打った本人も、ピッチ上の敵味方選手も、ベンチの監督も、TVの解説者も、スタンドのサポも、み~んながミスったことがわかります。

いい加減な気持ちでテキトーにシュートを打ったのならともかく、世界的に見れば、きまじめな性格の日本人で、わざとはずそうと思ってシュートを打つ選手はいないでしょう。

だから打ったシュートがはずれれば、批判されなくたって当の本人が自分がミスったことを痛いぐらいに感じているはずです。

もちろんシュートははずれるより、ゴールになった方が良いに決まっています。

しかし「あいつ、決定力なさすぎ」とミスった選手をただ叩いたところで、いったい日本サッカー界の誰が得をするのでしょうか。

 フランスW杯のジャマイカ戦でシュートをはずした城章二選手に対して「シュートをはずしておいてヘラヘラするな」といった感情的なバッシングがありましたが、そういったバッシングが無意味であることは、いまだに「日本人選手のシュート決定力の向上が課題」と言われている事からもおわかりだと思います。

 むしろそうした感情的なバッシングは、日本人選手がシュートチャンスをむかえた時に「自分がシュートを打ってはずすと、マスコミやサポから叩かれるから、誰かに押しつけちゃえ」と瞬間的に考えて、別の選手にパスをしたら、戻ってきた敵DFにカットされて、せっかくの得点チャンスをつぶしてしまった、といった日本サッカー界全体にとって大変なマイナスになるような結果を生み出す可能性があります。

 実際、スパルタクは「日本人選手はシュートをなかなか打たないという事に関しては世界トップレベルだ」と考えています。 昔に比べるとだいぶ良くなったとは思うのですが。

「自分の前にゴールマウスがぽっかりと口を開けていて、あとはボールを流し込むだけ」といったプレッシャーが低い状況が生まれないと、日本人選手はなかなかシュートを打ちたがりません。

敵ペナルティエリア内に侵入しているにもかかわらず、ゴールマウスにGKがたった1人張り付いているだけで、もうシュートをあきらめてパスコースを探し始める日本人選手がいます。

また日本人選手のほとんどが、ゴールへの角度が狭くなって45度を切ると、ほぼ100%パスを選択してしまいます。

 日本人選手は、テクニックは比較的高いのに自分のプレーに自信が無く、心に余裕が無いのかもしれません。 

そのために、プレッシャーのかかる場面でシュートの決定力が低くなったり、シュートそのものから逃げてしまったりと非常に消極的になってしまいがちです。

 「消極的になりがち」という日本人選手のメンタル面での弱点を克服しないと、シュート決定力の問題だけでなく、ワールドカップやチャンピオンズリーグの大舞台で日本代表や日本人選手が活躍するのは、難しいように思います。

 以上のことをふまえると「シュートをはずした選手を批判するのは、いったい何のためか?」という事を一番に考えなくてはいけません。

「シュートをはずした選手を批判するのは、決定力をあげるため」であるならば、ただ感情的になってバッシングするのではなく、シュートがうまくなるためのメンタル面・技術面でのアドバイスでなくてはいけないと思います。

もちろん、いい加減な気持ちでプレーしてシュートをはずした選手がいたなら批判は必要ですし、プロですから、シュート決定率の高い選手がレギュラーになって、低い選手はベンチにまわるというのも当たり前の事です。

 スパルタクは日本人選手のシュート決定率を上げるには、打って打って打ちまくって、経験を積んでいくしかないと思います。 決まってもはずれても、実戦で数多くシュートを打って経験を積まなければ、シュートがうまくなるわけありません。

他の選手に「俺にボールをよこせ!」とアピールして、シュートをど~んとはずした後、「シュートがはずれた?だからどうした、文句あんのか?」ぐらいの図太い神経を持つというのも、FWに必要とされる才能なのかもしれません。

(なんか、去年フィオレンティーナで中田英選手の同僚だったファブリツィオ・ミッコリを思い出しますが)

 逆に叩かれるのが嫌だからといって、シュートチャンスでパスを選択しつづけたら、永久にその選手のシュート決定率が上がることはないでしょう。

むしろ感情的にバッシングすることで、選手がシュートから逃げることの方が、日本サッカーに与える害は大きいのではないでしょうか。 だからスパルタクは感情的なバッシングはしたくありません。

 イングランド・プレミアリーグの試合を見ていると良く分かるのですが、昔から選手がシュートを打つと、たとえそれがはずれてもスタンドのサポから大きな拍手が起こります。

おそらく「得点チャンスでシュートを選択して、良いチャレンジだったね」という激励・はげましの意味での拍手だと思うのですが、とても素晴らしい習慣だと思います。

スパルタクもスタジアムで観戦する時、選手の打ったシュートがワクに飛んだ時たとえそれがはずれても(バーやポストに当たって跳ね返った時も含めて)拍手するようにしています。

 ただ、一点だけ問題点を言わせてもらえれば、日本人選手のふだんのシュート練習への姿勢です。

日本代表の合宿やJリーグの試合のキックオフ直前に行われるシュート練習を、スパルタクは双眼鏡でじっくりと見るのですが、これが本当に入らないんですよね。

「普段の練習でシュートが入らない選手がプレッシャーのかかる本番でバシバシ入る」という事も有り得ないと思うのですが。

シュート練習をやる時は、選手ごとに決定率のデータをとってシュート決定率でスタメンを決めるなどしないと、だら~とした練習のための練習になってしまうのではないかと思います。

日本代表やJリーグ各チームの監督・コーチはシュート練習の方法を見なおす必要があるでしょう。
(シュートを打つときにも基本セオリーがあるのですが、別の機会にでも述べたいと思います。)

 それでは最後に、ちょっと興味深いデータをご紹介したいと思います。

今から10年以上前のちょっと古いデータなのですが、イングランドサッカー協会の調査によると、

W杯や欧州主要リーグでの1チームが1試合に打つ平均シュート数は13~14本、
そのうちの半分はゴールマウスをはずれ、ワク内に飛ぶのは約7本、
ワク内に飛んだシュートのうちゴールとなるのは、3本に1本だそうです。

つまり世界最高レベルのサッカーチームでさえ、1ゴール決めるのに平均で6本もシュートをはずしているのです。

どんな名監督といえども、選手に高度な戦術をさずけてチーム全体のシュート数を増やしてやる事はできますが、選手の代わりにシュートを打ってやることはできません。

カペッロやモウリーニョがピッチに乱入して選手の代わりにシュートを打つことはできないのです。 まあ、乱入できたとしてもカペッロやモウリーニョの放つシュートが百発百中とも思えませんが。

 というわけで、日本代表選手がシュートを打ったときは、「ナイス・チャレンジ!」という意味であたたかい拍手をお願いしたいと思います。
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

■トラックバック

■アンゴラ戦批評。

今年最後の代表戦。 結果は1-0の辛勝…。前半は開始早々から、リズムの良さから再三決定機を作るも…ゴールを奪えず、予想通り後半はアンゴラペースで試合は流れた。ジーコは流れ

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索