■勝ち点1を失ったイラン戦 その1

 テヘラン・アザディスタジアムで行なわれたイラン対日本戦、皆さんはどのようにみたでしょうか。まず試合を簡単に振り返ってみます。

 日本代表は予想通り、4-4-2と前試合とはシステムを変えて試合にのぞみました。

絶対に勝たなくてはならないイランが序盤から攻勢に出て、日本が我慢するという展開がしばらく続きましたが、日本も落ち着いて反撃し、15分もたつとイランの攻勢が弱まりました。

 しかし、20分すぎに中村選手が負傷して外に出ている間にイランにフリーキックが与えられ、マハダビキアがゴール前にボールをいれると、加持選手がネクナムとの競り合いに負けてつぶれ、こぼれたボールをハシェミアンがシュートし先制ゴール。

このあとは一進一退となり後半へ。

 後半は慎重になったイランに対し、日本がおちついて中盤をつくり反撃します。

 そして20分、中田選手のクロスを柳沢選手が相手と競りながら落とし、これを福西選手が決めて同点ゴール。

このゴールはこぼれ球を予測して走りこんでいた福西の読み勝ちでしたね。すばらしい動きでした。

 これであせったイランが反撃に出るものの、クロス・シュートの精度を欠いてうまくいかず。

 しかし後半30分日本の左サイドに縦パスが出て、それをカリミが受けてドリブル、中澤選手をかわしてセンタリングをあげるとゴール前・中央にいたハシェミアンに、どフリーでまたしても決められ、このあと日本の反撃は空回りとなり、これが決勝点となりました。

2005.3.25 アザディ・スタジアム(テヘラン)

   イラン    2-1    日本

GKミルザプール      GK楢崎
DFゴルモハマディ     DF加持
  レザエイ          宮本
  カエビ           中澤
  ノスラティ         三浦
MFネクナム        MF福西
  カリミ           小野
 →ニクバハト(後半33分) →小笠原(後半34分)
  ザンディ          中田
 →アラビー(後半20分)   中村
FWマハダビキア      FW高原
  ハシェミアン       →大黒(後半37分)
  ダエイ           玉田
 →ナビドキア(前半43分) →柳沢(後半17分)

つづく  
  

■コメント

■コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 



管理人多忙につき、マメにレスを差し上げられません。
ゴメンナサイ。
もちろん、すべてのコメントは拝見させていただきますが、サイトポリシーに違反したものは、予告なく削除します。
悪しからずご諒承ください。

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索