FC2ブログ
■2018年12月

■アジアカップ2019に臨む日本代表メンバー発表

 来年1月に開幕するアジアカップ2019のために招集された日本代表メンバーが12日に発表されました。以下の通りです。


GK 
   東口 順昭 (G大阪)  
   権田 修一 (鳥栖)
   シュミット・ダニエル(仙台)

DF 
   吉田 麻也 (サウサンプトン:イングランド) 
   冨安 健洋 (シントトロイデン:ベルギー) 
   長友 佑都 (ガラタサライ:トルコ)
   酒井 宏樹 (マルセイユ:フランス)
   槙野 智章 (浦和)
   三浦 弦太 (G大阪)
   室屋  成 (F東京)
   佐々木 翔 (広島) 

MF 
   中島 翔哉 (ポルティモネンセ:ポルトガル) 
   南野 拓実 (ザルツブルク:オーストリア) 
   堂安  律 (フローニンゲン:オランダ)
   柴崎  岳 (ヘタフェ:スペイン)
   遠藤  航 (シントトロイデン:ベルギー)
   原口 元気 (ハノーファー:ドイツ)
   守田 英正 (川崎)
   伊東 純也 (柏)
   青山 敏弘 (広島)

FW 
   大迫 勇也 (ブレーメン:ドイツ) 
   北川 航也 (清水)
   浅野 拓磨 (ハノーファー:ドイツ) 



 前回エントリーで当研究所が期待するアジアカップ代表メンバーをあげておきました(下図)が、森保監督は、9~11月のテストマッチの結果を踏まえた、比較的順当なメンバー選考をしたように思います。

乾・香川選手らベテラン勢の招集を見合わせたのは、彼らの実力はもうわかっているわけですし、現状ではレギュラーポジション獲得に苦しんでいて、冬の移籍市場で何かアクションがあっても良いようにという配慮なのかもしれません。

リーグアン・ツールーズへの移籍が間近に迫っている昌子選手の名前が無いのも同じ理由かもしれませんね。



            大迫
           (武藤)
           (鈴木)
    

     中島     南野     堂安
    (原口)   (中島)   (原口)
    (乾)    (鎌田)   (伊東)


        柴崎     遠藤
       (守田)   (守田) 
              (冨安) 
     
    長友   吉田   昌子   酒井       
   (冨安) (昌子) (冨安) (室屋) 


            GK


サプライズがあったとすれば、鹿島の鈴木選手がまたしてもケガで招集不可能となったことが関係しているのかもしれませんが、ハノーファーの浅野選手が呼ばれたことです。

浅野選手がゲームに出た時の映像はなるべくチェックするようにしていますが、彼がなぜブンデスで結果を出せないのかと言えば、相手DFとの駆け引きがいっつもワンパターンだからです。

足の速さが浅野選手の唯一にして最大のストロングポイントということで、彼は試合中に相手バックラインのウラで味方からパスを受けてゴールを決めることを狙った動きを繰り返していることがほとんどです。

しかしブンデスレベルのバックであればそれを読んで対応することは簡単で、浅野選手のマークを担当するDFは、バックラインの前のスペース(バイタルエリア)で彼にボールを持たれてもさほど怖くはないので、自分のウラを取られないように浅野選手とある程度距離を保ったポジションを取ることができます。

そこでバックラインのウラへパスが出ても、守備側が先にボールに追いつくことができます。だからハノーファーの選手としても浅野選手へパスを出しにくいところがあるんじゃないでしょうか。

いくら浅野選手の足が速いからといっても彼より2~3m前方からスタートすれば、ヨーイドンでダッシュしても守備側の選手が先にゴール地点(ボール)に到達できますし、自分の体で背後からやってきた浅野選手をブロックしながら前へ飛び出してきたGKにボールをキャッチさせることもできます。

わかりやすく言えば、浅野選手は相手チームのDFに「自分はいつもじゃんけんでパーを出します」と宣言してから、本当にパーばかりを出してじゃんけんの勝負を挑んでいるようなものです。

たまに、うまく相手のウラへ抜け出してパスを受けてGKと一対一になれてもシュートを外してしまうので、こうなると「お手上げ」ですね。

しかし浅野選手がウラ抜けだけでなく、バイタルエリアでパスを受けて前を向き、フェイントで相手を揺さぶってDFの前からシュートを決める能力や、ドリブルなど個で対面の相手を抜き去ってシュートする能力を身に着けたりすれば、浅野選手をマークするバックにしてみれば、バイタルエリアで前を向かせると危ないから彼から離れたポジションを取ることはできず、かといって密着マークをしすぎると、今度はバックラインのウラへパスが出たときにスピードで振り切られ、自分のウラを取られてGKと一対一の場面をつくられてしまうリスクがあるということで、対応が一気に難しくなります。

守備側にしてみれば、浅野選手がパーを出すのかチョキを出すのかグーを出すのか予想を絞れないということです。

だから浅野選手にシザースフェイントやダブルタッチの技術を習得した方が良いと以前勧めたのです。

高度なフェイントやドリブル能力を身に着けることがどうしてもできないというなら、相手DFの前でパスを受けて前を向き、ゴールにつながる正確かつ決定的なパスを出す能力だって構いません。

サッカーにおいて、選手にしろチームにしろ「それを世界の誰も止められない場合を除き、たった一つのことしかできないということそれ自体が弱点となる」のです。

ある選手が右足だけでしかボール扱い(シュートやクロス)ができないのなら、守備側は右足側を切って苦手な左足で不正確なシュートやクロスを打たせるようにすれば良いですし、ある選手が周囲を生かすパスを出すことができずにドリブルしかできないのであれば、初めからパスの可能性を捨ててドリブル突破を防ぐような対応に専念すれば良いですし、ある選手がバックラインのウラでパスを受ける動きしかできないのであれば、自分の前でパスを受けて前を向かれる危険性を心配することなく、ウラを取られないようなポジショニングを取ることができます。

浅野選手にクラブでも代表でも結果を出すことができるよう応援する意味で、あえて取り上げてみました。

 続いてチームとしてのアジアカップの戦い方ですが、森保監督はメンバー発表の記者会見で相手チームに研究されることについて警戒しているようでした。

もちろん相手チームに研究され対策を立てられることについて備えなければなりませんし、自分たちも相手を研究する必要はあります。

しかし伝統的に「研究万能論」の傾向が強い日本サッカー界では、自分たちが研究され対策を立てられることを異常に恐れたり、自分たちが相手をスカウティングして立てた「対策」を、ピッチ上の状況おかまいなしに、何も考えずに一本調子にやってしまうことがあって、それは好ましいこととは言えません。

ハリルジャパンがロシアW杯アジア予選で苦戦したのは、カウンターサッカーがふさわしくない状況でも、ひたすらロングボールを放り込む「タテに速いサッカー」をやってしまったからです。

前述のように選手個々はもちろんチームレベルでも、それを世界の誰も止められない場合を除き、たった一つのことしかできないということそれ自体が弱点となります。

どんなシチュエーションでもカウンターサッカーしかできないチーム、逆にどんなときでもポゼッションサッカーしかできないチーム、あるいは、どんなときでもサイド攻撃しかできないチーム、逆に中央突破しかできないチーム、ドリブル攻撃しかできないチーム、細かいパスばかりでミドルシュートを打たないチームに対して、対戦相手がスカウティングにもとづく正確な予測を立て対策を講じることは簡単です。

自分たちが「たった一つのこと」しかできないことが、相手チームの対策を有効にさせてしまうと言えます。

ですから、ピッチ内の状況を見ながら選手たちが自分の頭で考え、ボールを自分たちでポゼッションして攻撃するのか、それともカウンター攻撃を狙うのか、サイドから攻めるか中央突破を狙うのか、前線からハイプレスをかけて相手ゴールに近いところで奪うかそれとも守備ブロックをつくってからのプレスで特定の方向へ相手のボール保持者を追い込んで奪い返すのか、戦術を適切に使い分けることで、相手に日本対策の的を絞らせないことが重要です。

そのためには、試合ごとに小手先の対策を立ててそれを忘れてというのを繰り返していくのではなく、サッカーで勝つために必要な基礎・応用力をユース年代から長期戦略で日本人選手に身につけさせることも大切なことです。(下図)

ムダ!
(クリックで拡大)

基礎が大切
(クリックで拡大)


 アジアカップはPK戦がありますから、その対策や練習も欠かせません。

「自分はPK戦で蹴りたくない」という人は、日本代表選手としてふさわしくないと個人的には考えますから、代表に招集されたすべての選手にPKを蹴るという覚悟をもって欲しいですし、それがベストを尽くした結果なら成功しても失敗しても、その選手を叩くサポーターはいないと思います。

逆にここでビビってしまう程度のメンタルの持ち主であればどんなにサッカーが上手くても、W杯本大会でのPK戦も含め、今後プレッシャーのかかる公式戦では、その選手に何も期待できません。

もしどうしてもPK戦で蹴るのが怖くてしょうがない選手がいるなら、他の選手に知られないような方法で森保監督に正直に申告させて、その選手はPK戦を蹴らせないようにするべきでしょう。

 最後に、アジアカップ2019では、グループリーグを決勝戦までの移動距離が長くなる1位で通過するか、それとも移動が楽な2位通過を狙うかという話も出ていますね。

過去を振り返れば、アジアにおいて日本代表は「イジメられっぱなし」でした。

自国開催で優勝した1992年大会は別としても、2004年大会は、南国・奄美大島とほぼ同じ緯度にありながら大河が合流する中華ナベの底のような風通しの悪い地形のため、夏の暑さが特に厳しいことで中国でも有名な都市・重慶で4試合も戦うことを余儀なくされ、東南アジア4ヵ国の共同開催となった2007年大会でも、日本は一番蒸し暑いベトナムでグループリーグを戦い、2015年大会では、グループリーグにおいて国土の広大なオーストラリアで日本は常に移動を強いられたにもかかわらず、日本の対戦相手となったパレスチナ・イラク・ヨルダンは日本戦の前に移動する必要がなく体力を温存できる(初戦で当たったパレスチナを除き、イラクとヨルダンは前の試合と日本戦の2試合連続で同じスタジアムで試合ができる)チートなスケジュールが組まれる始末。

さらに、アジアカップにしろW杯にしろA組から試合が始まるので、予選グループが3つならC組、4つならD組、8つならH組のように、初戦が始まるのが遅いグループになればなるほど決勝トーナメントに入ってからの試合間隔が短くなるので、他のグループのチームより休養日が少なくなって不利になることが多いのですが、96年大会以降のアジアカップを見ると、日本は日程的に不利なC組とかD組ばかりに入れられるんですよね。

抽選で決めているはずなのに、確率論から言って不自然なくらいに。

つまり、他のアジア諸国は自分たちが有利になるように「政治力」を使っていろいろとやっている一方、国連にしろFIFAにしろAFCにしろ「国際機関はどの国に対しても常に公平だ」と信じて疑わないナイーブな日本人は、ボケーっと何もしないうちにやられっぱなしなんじゃないかと。

別に、日本だけ有利な日程を組んでくれと言いたいわけではありません。

W杯アジア予選も含めフェアで公平な大会運営ができるよう、日本サッカー協会(JFA)がアジアサッカー連盟に人を送り込んで積極的にアジアサッカー界の浄化のために動くとか、真っ当な努力をしていただきたいだけです。

JFAに対しては「代表選手を守るためにもしっかりしてくれ!!」と声を大にして言いたいですね。

しかしこうしたことは決して良いこととは言えないのですが、アジアカップでのこうした「イジメ」が日本を逆に強くしていったというか、そうした逆境をタフに乗り越えてアジア最高となる4度の優勝を成し遂げたからこそ、ロシアW杯で唯一決勝Tに進出し、ベルギーと互角にやり合うような現在の日本サッカーの強さにつながっているわけで、2019年大会でも日本代表の選手たちが逆境を乗り越えて1試合ごとに着実に成長し、アジアの頂点に立った先輩たちに続いてほしいです。

UAEでもアウェ-ゆえに日本代表にとって不利なことがあって、それに対してマスコミが「スタジアムの芝生が~、気温が~」と大騒ぎするかもしれませんが、選手たちはそれに対して神経質になったり不安になったりするのではなく、ドーンと構えて自分たちの実力を出し切ることに集中することが一番大切だと思います。

森保監督が選手として出場した92年大会からアジアカップは見ていますし、広島ビッグアーチで行われたサウジとの決勝戦での高木琢也選手(当時)の胸トラからの美しい決勝ゴールを今も鮮明に憶えていますが、あの初優勝から現在につながる日本サッカーの快進撃が始まったように思います。

来年1月のアジアカップも、今から楽しみになってきましたね。




サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。




■主力選手欠場への備え

 今年行われる予定だった日本代表の試合はすべて終了し、来年1月のアジアカップが迫ってきました。

ウルグアイ戦は相手が新生・森保ジャパンの情報をほとんど持っていなかったため、特に攻撃面で出来すぎのところがありましたが、べネズエラ戦では相手に研究されてちょっと苦しみました。

それでも森保ジャパンの強化策は今のところ上手く行っていますし、その方向性は間違っていないと思います。

ベネズエラ・キルギスとのテストマッチを前に、11月シリーズの課題として、GK・センターバック(CB)・サイドバック(SB)そしてボランチの選手層を厚くすることをあげておきました。

では11月シリーズの結果はどうだったかCBに関して言えば、プレミアでプレーするFWロンドンを擁するベネズエラ相手に起用されたシントトロイデンの冨安選手が安定したパフォーマンスを見せてくれ、今後の成長がますます楽しみになってきましたし、ボランチではキルギス戦に出場した川崎の守田選手が攻守においてルーキーらしからぬ落ち着いたプレーぶりで、やはり収穫はありました。

GKに関しては、仙台のシュミット・ダニエル選手の足元の技術や高いフィード能力が目を引きましたが、GKの本業ともいえる厳しいシュートを打たれた時のポジショニングやキャッチング・セービング能力をもっと見てみたいところです。

SBは、レギュラーの左・長友、右・酒井の両選手とサブ組との差を埋めるところまではいきませんでした。

右SBで起用の室屋選手はまずまず及第点でしたが、左SBはちょっと人材難ですね。

広島の佐々木選手は攻守両面で物足りない出来でしたし、横浜Mの山中選手は代表初ゴールは良かったものの、守備力はもっとアップさせる必要があるように思います。(残念ながら山中選手はケガで来年1月に代表招集できるか不透明に)

キルギス戦全体から言えることは、SBはもちろん中島・南野・堂安・大迫ら攻撃の主力選手と“控え組”と目されている選手との間にまだまだ力の差があるということです。

世界の強豪国といえども、まったく戦力に差のない代表チームを2つ分用意することは容易なことではありません。もちろんそうならないことを強く願っていますが、アジアカップでは主力組の選手が累積警告等なんらか理由で出られないゲームがあるかもしれず、日本が優勝するためには、それに備えておくことが欠かせません。

それが今回のテーマです。

 森保ジャパンの攻撃面におけるストロングポイントは、中島・南野・堂安ら二列目の3人とワントップの大迫選手のコンビネーションです。

もし中島選手が試合に出られない時は、左サイドハーフ(SH)に原口選手、堂安選手が出られない時は、右SHに柏の伊東選手かこちらで原口選手を起用する手もあるでしょう。好調であればニュルンベルクの久保選手も選択肢に入ってくるのでしょうが、ブンデスへの適応に手こずってなかなか出場できていないようですね。(下図)


           大迫
          (武藤)
          (鈴木)
    

    中島     南野     堂安
   (原口)   (中島)   (原口)
   (乾)    (鎌田)   (伊東)


        DM     DM

     
    SB   CB     CB    SB       


           GK



もし原口選手が調子を落としてしまえば、左SHに乾選手あたりが呼ばれるのかなと思いますが、やはりべティスでの適応に苦労していますね。

セビージャに移籍した直後の清武選手のプレーを見た時も同じように感じたのですが、格上のクラブに移籍してチームメートは上手い選手ばかり、自分のところで絶対にミスしたくないという気持ちは良くわかるのですが、乾選手の場合もミスにもゴールにもつながる可能性がある前方への攻めのパスよりも、無難だけれどもちっとも面白くない横パス・バックパスが移籍直後の試合から非常に目立ちます。

「格上のクラブでも成功したいので大事に行きたい」ということで気持ちが守りに入ってしまい、パスにしろドリブルにしろプレーから怖さがなくなって相手チームに脅威を与えられず、そのことがベンチを温めている原因になっているのではないでしょうか。

「ノーリスク・ノーリターン」という言葉があるように、彼に限らずサッカー選手が成功するためには、失敗を恐れず全力を出し切ることに常に集中する勇気を持つことが大事だと思います。

南野選手が出場できなくなった時は、左SHに原口選手を入れて、トップ下に中島選手を回してはどうでしょうか。
あるいはシントトロイデンでゴールを量産している鎌田選手にチャンスを与えても面白いのではないかと思います。   

ドルトムントの香川選手もトップ下候補の1人で、彼が出場した試合はなるべくチェックするようにしていたのですが、ベンチ外となることが多くてレベルの高い試合に出ることが長期間できていない影響なのか、スピードやアジリティ・得点力が落ちているように見え、心配しています。

センターFW大迫選手の代役となると難しいですね。
特にポストプレー能力で彼に匹敵するものを持っている日本人選手はちょっと見当たりません。

11月シリーズでも杉本選手が試されましたが不満の残る出来でしたし、その点鹿島の鈴木優磨選手の方がポストプレーが収まりそうな気もするのですが、ケガで彼を試せなかったのは痛かったですね。

もっともJ1最終節の鹿島VS鳥栖戦では、ポストプレーも含めて鳥栖のCB高橋祐治選手に抑えられてなかなか仕事をさせてもらえず。高橋選手が力をつけてきたなと思う反面、鈴木選手はFWとしての能力アップがまだまだ必要に思います。

ケガから復帰したばかりのニューカッスルの武藤選手も、今月のプレー内容によっては候補にあがってくるでしょう。

ただ武藤選手にしろ鈴木選手にしろ北川選手にしろ、努力して高いポストプレー能力を身に着けてくれることが理想ですし、ポストプレーが出来てラストパスも出せ、ドリブルやフェイントなど個で局面を打開して足でも頭でもゴールを量産できるという、何でも完璧にこなせるFWが日本代表にいてくれれば本当に理想的なんですが、世界を見渡してもそんな選手はまずいませんし、大迫選手が起用できない時にポストプレーに向かない別の選手に彼の代役を無理してやらせるよりは、その試合に起用できる選手のプレースタイルにあった攻撃システムを考え、その中でそれぞれの選手に合った役割を与えた方が良いのではないかと思います。

アイデアの一つとして、かつてサッカー草創期のオーストリア代表に「紙男」の異名を持つセンターFWがいましたが、大迫選手が使えない時の「奇襲策」として南野選手をワントップにして「偽の9番」として動いてもらい、トップ下に柴崎選手を起用してみてはどうでしょうか。
(下図)



           南野
    


    中島     柴崎     堂安


        DM    DM

     
    SB   CB    CB   SB       


           GK



柴崎選手がボールを持っている時、南野選手が自分をマークする相手CBを引き連れ中盤に向かって下がってきたところで、中島もしくは堂安の両SHが南野選手が空けたスペースを利用しながら相手バックラインの前かウラへ走り込み、そこへ柴崎選手がパスを出してゴールを決めさせたり、もし南野選手に相手CBがついてこなければ、南野選手がフリーでパスを受けて前を向けますから、そこで二列目の3人のいずれかが南野選手を追い越しながらパスを受けてゴールを決めれば良いでしょう。

強力なFWが2人いれば、4-2-3-1にこだわらず4-4-2にしても良いと思うんですが、現状では欧州各国リーグ等でゴールを量産しているFWが見当たりません。

 それではまとめとして、個人的に考えるアジアカップに向けた日本代表を。(下図)



            大迫
           (武藤)
           (鈴木)
    

     中島     南野     堂安
    (原口)   (中島)   (原口)
    (乾)    (鎌田)   (伊東)


        柴崎     遠藤
       (守田)   (守田) 
              (冨安) 
     
    長友   吉田   昌子   酒井       
   (冨安) (昌子) (冨安) (室屋) 


            GK


 GKは、東口・権田・シュミットの3人のうち、森保さんがベストと考える選手を選べば良いでしょう。

CBはディフェンスリーダーの吉田選手を軸に、リーグアンに移籍間近と報じられている昌子選手を招集できるかどうかで状況が変わってきそうですが、監督さんがいけると判断されるなら、「将来への投資」 として試合に勝ちながら経験を積ませ成長させるという意味で冨安選手をレギュラーCBに抜擢しても良いと思います。

左SBは、肺気胸で出場が危ぶまれた長友選手が驚異的な回復を見せ、どうにか間に合いそうなのは朗報ですが、二番手以降の選手とは差があります。

長友選手が出られない場合はマルセイユの酒井選手を左に持ってきて、右に室屋選手という手もありますが、もしCBで冨安選手を先発起用させないのであれば、大会直前合宿で練習させて行けそうなら彼をここで使ってみてはどうかなと思います。

森保ジャパンは二列目より前の攻撃力が高いので、SBは守備に重きを置いても良いと個人的には考えていますし、スピードがあって足元の技術もしっかりしている冨安選手ならSBとしての攻撃参加も何だかんだ言ってできちゃうんじゃないかと。

右SBは、酒井選手がやはり頭抜けていますね。

ボランチには、クラブで試合に出て実戦感覚を取り戻し、守備能力も向上させるという条件つきで、まず柴崎選手。

より守備的なボランチには順当に行けば遠藤選手が選ばれそうですが、現状では守田選手とそれほど大きな差はないと個人的には考えています。

イランやオーストラリアのようなフィジカルの強い相手にガチガチ行ってボールを奪えるようなら、守田選手にレギュラーポジション獲得のチャンスは大いにあるでしょう。

冨安選手に関しては、もちろんCBとして育ててほしいのですが、CBとして先発させないならボランチで起用しても面白いと思うんですよね。

プレーをまったくチェックできていないんですが、ヘーレンフェーンの小林選手がどうしているのか気になります。代表のボランチあるいはトップ下としてプレーできるポテンシャルはあると思うのですが...。

二列目より前については前述したとおりです。

 というわけでアジアカップ2019に向け、主力選手が試合に出られない時に備えた「プランB」をいろいろと考えてみました。

アジアカップの開幕まで欧州各国リーグではまだ試合がありますし、国内でも天皇杯が大詰めを迎え、鹿島はクラブW杯に出場します。そこでの代表候補選手たちの活躍によっては「プランB」も変わってきそうですが、皆さんはどう考えるでしょうか。




サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。




プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索