■2009年08月

■オランダ遠征の日本代表メンバー発表

 オランダ遠征(対オランダ戦、対ガーナ戦)に帯同する日本代表メンバーが発表されました。


GK 都築 龍太(浦和)
   川島 永嗣(川崎)

DF 中澤 佑二(横浜M)
   闘 莉 王(浦和)
   駒野 友一(磐田)
   阿部 勇樹(浦和)
   岩政 大樹(鹿島)
   今野 泰幸(F東京)
   長友 佑都(F東京)
   内田 篤人(鹿島)

MF 中村 俊輔(エスパニョール:スペイン)
   橋本 英郎(G大阪)
   稲本 潤一(レンヌ:フランス)
   遠藤 保仁(G大阪)
   中村 憲剛(川崎)
   長谷部 誠(ヴォルフスブルク:ドイツ)
   本田 圭佑(VVV:オランダ)

FW 玉田 圭司(名古屋)
   大久保 嘉人(神戸)
   岡崎 慎司(清水)
   興梠 慎三(鹿島)
   森本 貴幸(カターニャ:イタリア)


 注目は何と言ってもオランダ・エールディビジで開幕から連続4ゴールをあげているVVVの本田選手でしょう。

そのうち1ゴールはビッグクラブのPSVから奪ったもので、非常に価値あるものです。

本田選手が出演したあるテレビ番組で「もうパスへの美学はない」と言い切っていたのが印象的でした。

典型的な日本人の攻撃的MFはパス出しだけで満足してしまって、流れの中からシュートをする・得点するということへの意識が世界レベルに達していないように思います。

また中田英選手は別としてもフィジカルが弱く、ヘディングもほとんどやらない傾向にありますが、本田選手は積極的にシュートを狙い決定力もある、フィジカルも強くヘディングも見劣りしないという日本人MFとしてはかなり稀有なタイプです。

まだ若く荒削りな部分もありますが、彼のシュート力を買って1トップとして起用したら面白い気がします。

岡崎選手は2列目に入れ、流れの中で本田選手とポジションを交換したり、2トップになったりしてゴールを狙わせるなんてのはどうでしょうか。

カターニャの森本選手も呼ばれていてこれも楽しみです。

 今回のオランダ遠征は最初にオランダと、次にガーナと対戦します。

オランダはいわずと知れた世界の強豪であり、ガーナはコートジボアールと共にアフリカサッカー界を引っ張る存在です。

対戦相手として申し分ありません。

ところが10月に国内で行われるテストマッチ、対戦相手には申し訳ないですがちょっとがっかりです。

いや、スコットランドとトーゴがアデバヨールを始めとしてちゃんとフルメンバーを日本に送ってくれれば良いのですが、たいてい日本に連れて来るチームは若手中心の二軍がほとんどです。

スコットランドとトーゴの二軍では正直、質の高いテストマッチをあまり期待できません。日本のホームではなおさら。

それでも日程や金銭面での条件で折り合いをつけるのに苦心して組んだテストマッチなのでしょうけれど。

というわけで、今後日本代表が有意義なテストマッチを組むために参考になればと思い、FIFAランキングではなくワールドカップ予選や大陸カップの結果など現在の実力・調子を勘案して、候補をリストアップしておきます。


Sランク

スペイン ドイツ


Aランク

オランダ トルコ ギリシャ スイス イングランド 
スウェーデン デンマーク イタリア フランス
クロアチア セルビア スロバキア  

ブラジル チリ パラグアイ

Bランク

アイルランド ポーランド ポルトガル ロシア チェコ
スコットランド 北アイルランド ブルガリア ルーマニア
ハンガリー ウクライナ イスラエル ノルウェー フィンランド

コートジボアール ガーナ

メキシコ パナマ

アルゼンチン エクアドル ウルグアイ ベネズエラ 


ランクはもちろんフルメンバーがそろうことが前提です。
控え選手が入ればその分だけ戦力はダウンしていきます。

ケガが怖くてつい手抜きになりがちなテストマッチ、なるべく相手に本気になってもらいたいので、できるかぎりアウェーで試合を組むのが理想ですね。





↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

プロフィール

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索