■2007年05月

■キリンカップにのぞむ日本代表召集メンバー発表

 キリンカップ2007(対モンテネグロ@静岡、対コロンビア@埼玉)に臨む日本代表メンバーが発表されました。27人のメンバーは以下の通りです。

GK 川口 能活(磐田)
   楢崎 正剛(名古屋)
   川島 永嗣(川崎)

DF 中澤 佑ニ(横浜M)
   中田 浩二(バーゼル:スイス)
   坪井 慶介(浦和)
   駒野 友一(広島)
   水本 裕貴(千葉)
   青山 直晃(清水)

MF 中村 俊輔(セルティック:スコットランド)
   橋本 英郎(G大阪)
   羽生 直剛(千葉)
   遠藤 保仁(G大阪)
   中村 憲剛(川崎)
   鈴木 啓太(浦和)
   阿部 勇樹(浦和)
   今野 泰幸(F東京)
   山岸 智(千葉)
   藤本 淳吾(清水)
   水野 晃樹(千葉)
   本田 圭佑(名古屋)
   家長 昭博(G大阪)

FW 高原 直泰(フランクフルト:ドイツ)
   播戸 竜二(G大阪)
   巻 誠一郎(千葉)
   佐藤 寿人(広島)
   矢野 貴章(新潟)


 今回の代表メンバーをざっと見たところ、楢崎選手や中田浩選手など久しぶりに召集された人が目につきました。

また、ガッツあふれるFWの播戸選手や抜け目無い動きを得意とする佐藤寿選手も戻ってきました。

若手の成長株、本田・家長・水野の各選手もA代表でどのような動きを見せてくれるか楽しみです。

もちろん、チームを引っ張る中村俊・高原の欧州組選手のリーダーシップにも期待です。

守備の要の一人、浦和の闘莉王選手がケガで召集されなかったのは非常に残念ですが、アジアカップまでに何とか完治させて欲しいものですね。
三連覇のかかるアジアカップでは、闘莉王選手の高い守備力・タフな精神力が欠かせません。

 さて、キリンカップ2007で日本代表が対戦するのは、モンテネグロとコロンビアです。

モンテネグロは最近独立したばかりの国で、以前はセルビア・モンテネグロの一部でした。

独立したサッカー協会ができるまでは、セルビア・モンテネグロ代表あるいはユーゴスラビア代表として、ワールドカップや欧州選手権(ユーロ)に出場しています。

有名なモンテネグロ人選手というと、何と言ってもACミランで活躍したデヤン・サビチェビッチを外すことはできません。かつて市原にいたマスロバルもモンテネグロ人ですね。

新生モンテネグロ代表は初めて観ることになりますが、高い個人技と欧州サッカーの組織力を併せ持ったチームなのではないかと推測します。

現代表選手たちは、東欧でプレーする人が大部分で、ドイツやイタリア・トルコでプレーする選手もいます。 ASローマのミルコ・ブチニッチが一番のスター選手でしょうか。

モンテネグロはまだハンガリーとのテストマッチを一試合やっただけのようで、実力は未知数ですが、やはりホームですので日本としては勝ちが必要でしょう。

 コロンビアについては、今年最初の日本代表のテストマッチ、対ペルー戦前に、

地球の裏側から遠征してきてくれるペルー代表には申し訳ないのですが、コロンビアとかチリとの対戦も個人的に見てみたいです。
しかし南米の二強以外、日本に招待される国って決まりきっていて、ペルーとパラグアイ・エクアドルが多い反面、前述の二カ国は絶対呼ばれませんよね。何故でしょう。



と書いたのですが、まるでサッカー協会の人にこちらの話が聞こえたかのように、コロンビア代表が日本にやってくることになりました。

最近のコロンビアは二回連続でW杯出場を逃すなど、かつての強さがありません。

もちろん地力はありますから油断ならない相手なのですが、やはりホームの日本としては勝たなくてはいけないと思います。

オシム監督の言うように、内容が伴った上での勝利だと言うこと無しなのですが。

三連覇のかかるアジアカップに向けて、良いテストマッチとなることを期待しています。



↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。

  

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索