■クラブ―国際

■メデジンの悲劇

 皆さんすでにご存じのことと思われますが、コパ・スッドアメリカーナ決勝戦のため、コロンビアに遠征中だったブラジルのクラブ・シャペコエンセの選手団ならびに記者を乗せたチャーター機が先月28日メデジン市近郊に墜落し、その多くが帰らぬ人となってしまうという大変痛ましい事故が起こってしまいました。

事故に遭われたシャペコエンセの選手・コーチ陣と同行していた記者の方々のご冥福をお祈りするとともに、ご家族やクラブのサポーターなど関係するすべての皆さまに深くお悔み申し上げます。

 これほど多くの大切なサッカーファミリーを一度に失ってしまうというのは、1994年アメリカW杯アフリカ予選のためモロッコへ移動中に、飛行機事故に遭ってしまったザンビア代表以来ではないかと思われますが、こんな悲しい事件は二度と起きて欲しくありません。

シャペコエンセを乗せたチャーター便に使われた機材は「アブロRJ85」という、どちらかというと旧式の小型旅客機で、欧州の大手航空会社のリージョナル路線で一部まだ飛んではいるものの、新型機への取り換えが進んでいる機体です。

燃料切れによる墜落という未確認情報もあり、RJ85に燃料を満タンにしてもノンストップ飛行ができるかどうかギリギリの距離を飛んでいたそうで、同機を所有していたボリビアの航空会社の経営状態が苦しかったことが事故の背景にあるのではないかとも報じられております。

ブラジルであれば、GOLとかTAMとか最新型の旅客機を飛ばしている航空会社がいくらでもあるのに、わざわざボリビアの会社にチャーター便の運航を頼んだのはどういう理由からだったのか気になります。安全性よりも運賃の安さを選んでしまったのでしょうか。

 今だからこそ明かしますが、本田圭佑選手がCSKAモスクワに所属していたころ、ちょっと心配していました。

ロシアは国土が広大なのでモスクワダービーを除けば、国内リーグであってもアウェー戦は時差があるぐらいの長距離移動が当たり前のようにあります。

そのため、CSKAはクラブ専用のチャーター機材をロシアの国営航空会社から借りていたのですが、それが旧ソビエト製のツポレフ154で、旧式機ゆえに事故率も高いといういわくつきの機体でした。

ですから「できるだけ早く欧州四大リーグのどこかへ本田選手の移籍が決まらないかな」と気をもんでいたというのが正直なところだったのです。

サッカーはワールドワイドなスポーツで、H&Aの2試合でワンセットが当たり前ですから、飛行機による移動が欠かせません。

航空会社のチョイスは安全性が何よりも大事です。

最後にもう一度、事故に遭われたシャペコエンセの関係者の皆さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。




サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。


  

■中村俊輔選手、エスパニョールへ移籍

 スコットランドの名門クラブ、グラスゴー・セルティックに所属していた中村俊輔選手ですが、スペイン・バルセロナ市を本拠とするエスパニョールへの移籍が決定しました。

よりレベルの高いリーグへの挑戦ということなりますが、中村選手本人にとっても日本サッカー界全体にとっても良かったと思います。

実はずっとスペイン行きで決まらないかなと考えていたぐらいです。

Jリーグ復帰を望んでいた方には申し訳ありませんが、欧州リーグで成功した南米選手の場合でも、母国の古巣クラブに戻る時というのは、もう歳をとりすぎてヨーロッパで通用しなくなったケースが多いですから、まだまだヨーロッパで十分やれる選手がJリーグに戻ってくるというのは、私は賛成しません。

残念ながらJリーグのレベルは、スペインやイングランドなど欧州各国リーグより見劣りするのは事実ですし、レベルの高いリーグでもまれた方がサッカー選手として成長し続けることができます。

出場機会があるか不安というのであれば、2部でも良いでしょうし、フランス・オランダ・ベルギー・ポルトガルといった欧州四大リーグよりちょっと下がるリーグのクラブでも、学べることはいっぱいあると思います。

 これで思い出すのが浦和の高原直泰選手で、2007アジアカップではあのオーストラリアから貴重な同点ゴールを奪うなど、アジアでも屈指のFWとして君臨していましたが、ドイツからJリーグに戻ってきてすっかり平凡な選手になってしまいました。本当に残念なことです。

アイントラハト・フランクフルトにいた07年当時、高原選手はチームの首脳陣と関係があまり良くなく思ったように試合に出られないと報道されていましたが、ちょうどそのとき浦和がACLで優勝し、クラブワールドカップに出場してACミランと対戦しているのを彼はドイツから見ていて、「浦和に行けばセンターフォワードのポジションは約束されたようなものだし、ACLで優勝すればミランやマンチェスター・Uなんかと対戦できるかもしれない」と考えて、浦和への移籍を決断したのかもしれません。

でも私は、ヨーロッパのクラブからオファーがあるのなら日本へ帰って来るべきではないと考えていました。

高原選手にフランクフルト以外の欧州クラブからオファーがあったという報道も当時されていたように思います。

 中村選手以外の海外組日本人選手も、続々と移籍先が決まっていますが、新天地での成功を心より祈っています。




↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング

  

■浦和レッズ、ACL優勝おめでとう!!


浦和レッズ、ACL優勝おめでとう
ございます!!


ということで、戦術がどうの反省点がどうのなんて無粋な話はナシ。

浦和レッズならびにサポの皆さん、長く厳しい戦いだったと思いますが、Jリーグの代表として素晴らしい闘いぶりでしたし、勝ち取った成果も最高のものとなりました。

これもひとえに浦和レッズとサポの皆さんが、揺るぎ無い自信を持って、しかし奢ることなく、一戦一戦ファイトしてきたことの積み重ねがあったからでしょう。

今は、勝利の美酒に思いっきり酔いしれてください。

心から祝福の拍手を送りたいと思います。





↑購読料代わりに一日一回ポチッとして頂けるとうれしいです。↓
人気blogランキング



当ブログ関連記事・まだ何も手に入れてない

  

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索