■サッカー戦術研究

■スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  

■ドリブラー養成計画

 今回は「ドリブラー養成計画」と銘打ち、日本人選手の攻撃面における個の能力を高め、世界に通用する優秀なドリブラーを1人でも多く世に送り出すための特別講座を開きたいと思います。

このブログを長く愛読してくださっている方にはもうバレバレのことでしょうが、高いドリブル技術やスピードの緩急で何人もの相手選手をヌルヌル抜いていくウインガーは、当研究所・所長であるスパルタクの大好物です。

パスサッカーを信奉する当研究所ですが、4-1-2-3あるいは4-2-3-1システムを使うなら、高度なドリブル・テクニックを駆使し個の能力で相手チームの守備を崩すことができるプレーヤーをサイドに置くことで、初めて理想のパスサッカー戦術が完成すると考えています。

体が大きくなくてフィジカルコンタクトの能力でも劣勢な日本人選手の、攻撃面での個の能力を高めるためには、やはり足元の技術(具体的に言えばドリブルやフェイント)で一対一に勝って相手を抜くためのスキルを磨いていくことが欠かせません。

 それでは世界に通用するドリブラーになるために何が必要なのでしょうか?

ドリブルで一対一に勝って相手を抜くために必要不可欠だと当研究所が考えているものは、次の2つです。

(1)ボールを自分の意図した通りに動かし、「マシューズフェイント」や「ダブルタッチ」のようなドリブル技を正確に実行できるだけのスキルを持っていること

(2)自分と対面している相手がどういう状態になったらドリブルで抜くチャンスなのか、そのタイミングを知識として持っていること

(1)については、多くのサッカー教本やDVDが販売されており、それらを参考にしながら選手個人で地道に練習していくことでかなりの程度まで上手くなれるはずですし、プロを目指している人がこうした努力を自発的に辛抱強く継続できないようではお話になりません。

ただし市販のドリブル教本では非常に多くのドリブル技が掲載されていますが、コンパクトなブロックをつくって守るべきスペースを限定し、そこからチャレンジ&カバーで組織的にプレスをかけていく守備戦術が当たり前となっている現状では、「シャペウ」や「ヒールリフト」みたいな技は、あまり実用的とは言えません。

守備の組織化・サッカーの高速化を踏まえ、当研究所が習得を推奨する技は「マシューズフェイント」「ステップオーバー」「ダブルタッチ」の3つです。

この3つを完璧にマスターできているなら、世界に通用するドリブラーになるために最低限の準備が整った状態であると当研究所は考えていますので、良く練習しておいてください。

以降この3つの技をすでに習得していることを前提として、この特別講座を進めていきます。

 (2)について、日本サッカー界ではあまり研究されていないようで、相手選手がどういう状態になったらドリブルで抜くチャンスなのかということについて、私が目にした現役Jリーガーが書いたドリブル教本でもほとんど明確にされていませんでした。

他の本でも「相手選手がこう動いたらこちらはこうドリブルする」といったような、受け身のやり方を教えるものがせいぜいでした。

よって、この特集記事では(2)を詳しく取り上げていきますが、当研究所は、攻撃側から積極的にプレーを仕掛けていくことでドリブルで相手を抜きやすいシチュエーションを自発的につくっていくことを目指します。

参考にするのはFCバルセロナに所属するメッシやイニエスタのプレーです。

メッシやイニエスタは世界を代表するドリブルの名手ですが、彼らのプレーを良く観察していると、ドリブル突破に成功した瞬間、対面している守備側の選手の多くが、ある決まった状態になっていることに気づきます。  

裏を返して言えば、メッシやイニエスタは相手を一対一で負けるような状態に追い込んでからドリブル突破を仕掛けることで、勝つべくして勝っているのです。

守備側の選手が攻撃側に対して脆弱になるのは、「両足をそろえて立った状態」の時です。(図1)

図1
ドリブル0
(クリックで拡大)

この状態になると、横方向へあまり大きく移動することはできなくなりますし、左右どちらに対しても一歩踏み出してしまえば、踏み出した足が着地するまでの間、相手選手は反対方向へ移動することが絶対にできなくなります。(図2)


図2
ドリブル1


ドリブラーが意図的に相手選手をこのような状態に追い込み、その瞬間を狙って相手選手が動いたのと反対方向へボールと自分の体を通せば、一対一に勝って相手を抜くことができます。

それでは具体的に自分がプレーしたつもりになって一対一の闘い方をイメージしてみましょう。

当研究所所長であるスパルタクは利き足が左なので、右ウイングのポジションでのプレーを例にあげてみます。(利き足が右の人は、左右を逆に読み替えてください)

自分が右サイドで味方からパスを受けて前方へ数mドリブルすると、守備側の選手が寄せてきたとします。

<ステップ1> そこで相手の背後の状況を見て、左右どちらを抜けばゴールの確率が高くなるか、どちらを抜けば自分でシュートを打ちやすいか、得点につながるラストパスが出しやすいかを考えておきます。

ここでは、こちらから見て相手の左側をカットインドリブルで抜いてから、左足のインにかけたコントロールシュートでゴール左上スミを狙うか、それが難しい状況であれば、DFラインのウラヘダイアゴナルランする味方にスルーパスを出すのを狙うことに決めたとしましょう。

<ステップ2> 相手が最初から両足をそろえて立ってくれれば楽なのですが、セオリー通りに片足を前に出して半身で構えていたら、ドリブルのスピードをやや落とし、ボールを小刻みに動かしながら、図1のように相手の両足がそろうようにゆさぶりをかけます。

<ステップ3> 相手の両足がそろった瞬間がドリブル突破を仕掛けるタイミングです。

ここでは相手の左を抜きたいわけですから、図2のように相手選手が自分の左足を一歩外側へ踏み出すことで、左側(相手から見た場合は右側)へ絶対に移動できないようなシチュエーションを自らつくっていきます。

まず体の重心を落として右足を踏み込み、自分の体重移動で右側(相手から見た左側)を抜くぞと見せかけつつ、左足でボールを右へ動かすフェイント(マシューズフェイントのファーストタッチ)を行います。

左足でのボールタッチだけでなく、体全体の重心移動も使って「右を抜くぞ」というフェイントをしっかりかけることで確実に相手の逆を取ることができ、ドリブル突破に成功する確率も上がります。

<ステップ4> 相手がこちらのフェイントにひっかかり、図2のように左足を外側へ一歩踏み出した瞬間に、マシューズフェイントのセカンドタッチを行います。いったん右へ動かしたボールを左足のアウトサイドで左前方へ押し出し、踏み込んだ右足を踏ん張りながらボールと自分の体を相手の左側を通して逃がすことで、ドリブル突破を図ります。

もし自分の体重移動によるフェイントだけで相手がひっかかり左足を踏み出してくれた場合は、マシューズフェイントから途中でステップオーバーに切り替え、左足でボールをまたいでからアウトサイドで左前方へボールを押し出しつつドリブル突破を図れば、ミスプレーの確率が低くなると思います。

言葉で説明すると長い時間かけてプレーしているような気がしてきますが、ステップ3・4は、相手の左足が浮き上がった瞬間からゼロコンマ数秒、長くても1秒ほどの勝負です。

同じシチュエーションで「ダブルタッチ」も使うことができます。

相手の右を抜くと見せかけた体重移動のフェイントにひっかかり、相手が左足を外側へ一歩踏み出した瞬間、自分の右足でボールをファーストタッチして左へ動かし、左足でボールを前方へ転がして相手の左を突破するわけです。

イニエスタやメッシが得意としているプレーですね。

実は図2の状態以外にも、ドリブル突破する絶好のタイミングがあります。(図3)

図3
ドリブル2


図2の動作の続きで、外側へ一歩踏み出した左足が着地して相手の全体重が左足にかかり、次に右足を左方向へ引いてから着地するまでの間は、その選手は左右どちらへも動くことができません。(無理をすれば慣性の法則でそのまま右方向へ進むことができるかもしれませんが、足がついていかないので最後には転倒することになるでしょう)

こちらがボールを動かしたり体重移動などでフェイントをかけることで相手が図3のような状態になった時も、マシューズフェイント・ステップオーバーやダブルタッチを使って相手の左側にボール(A)と自分の体を通して突破することができますし、この瞬間、相手はこれ以上右側へ移動できないので、ボール(C)と自分の体を相手の右側を通してドリブル突破を図ることもできます。

さらにメッシが時々やりますが、自分がタッチライン際にいてピッチ中央方向へのカットインを狙っている時、相手を図3のようなシチュエーションに追い込んでから、相手の股の間の重心がかかっている左足のすぐ脇にボール(B)を通し、自分の体を相手の左から逃がすことで突破するというやり方もあります。

相手の全体重が片足一本にかかっている瞬間は、たとえその足の10㎝脇をボールが通過してもカットすることができません。

以上がドリブルで相手を抜くときの基本テクニックですが、これをベースにして練習や実戦における相手選手との様々な駆け引きの中からさらに応用技術を磨いていくことで、自分のドリブルテクニックをさらに高めていってくれることを希望します。

それでは座学はこのくらいにして、メッシ先生に実技のお手本を見せてもらいましょう。




このビデオの中でメッシはごく基本的なドリブル技術しか使っていませんが、いずれも両足をそろえた相手が横へ足を出したタイミングで、その逆を突いてドリブル突破を図っているのが良くわかります。

 原口(ヘルタ)・宇佐美(アウクスブルク)・乾(エイバル)・宮市(ザンクトパウリ)・斎藤(横浜M)・中島(F東京)の各選手から建英君ピピ君に至るまで日本のドリブラーの皆さんにとって、何か参考になるところがあれば幸いです。

この特集記事で取り上げたことが完璧にマスターできれば、たとえ欧州四大リーグレベルの選手と対峙しても、ドリブルで相手をヌルヌル抜いていくことができるようになるはずです。あとは自分を信じ、できるようになるまで努力し続けることができるかどうかが勝負の分かれ目。

ワールドクラスのドリブラーになりたいのなら「マシューズフェイント」「ステップオーバー」「ダブルタッチ」の3つは最低限、完璧にマスターしておくべきです。

そして相手がどういう状態になったときにドリブルで抜くチャンスが訪れるのか、その正しい知識を持っていれば、チームの得点力アップのために自分の武器であるドリブルを最大限生かすことができるようになります。

最近シュツットガルトでもサイドで起用されることが多い浅野選手に、「マシューズフェイントを完璧にできるように練習しておくこと」という宿題を出しておきましたが、その理由が今回の特集で良く理解できたのではないでしょうか。

香川・清武両選手のように主なプレーエリアがピッチ中央付近の選手も、「ボールキープ力」や「相手の守備を個で崩す力」をアップさせるために、どういう技術を相手がどういう状態のときに使えば自分のドリブル突破で局面を打開してゴールにつなげることができるのか、その知識を持っておくことは大変重要です。もちろんそれをプレーとして正確に実行できなければ意味がありませんが。

建英君のドリブル突破はあの年代にしてはかなりイイ線を行っていると思いますが、相手を惑わすフェイントにさらなるキレを与えるため、より大きなモーションで体重移動をかければ、もっと楽に相手の逆を取って抜くことができるようになると思います。

逆に守備側の視点で言えば、ワールドクラスのドリブラーが相手を抜くためにどういうことを考えているのか理解できたでしょうし、「両足をそろえて構えるな」と当研究所が口を酸っぱくして言う理由もお分かり頂けたことでしょう。この特集記事を参考にして日本人選手の守備時における一対一の能力をもっともっとアップさせ、相手のドリブラーからどんどんボールを刈り取って行って欲しいです。

それでは、そう遠くない未来に世界屈指の日本人ドリブラーが何人も出現する日がやってくることを楽しみにしています。



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。


スポンサーサイト

  

■良いカウンターアタックとは

 前回まで、どうしてパス(ポゼッション)サッカーを日本代表のメイン戦術に据えるべきなのかということについて、お話をしてきました。

ただ、対戦相手との力関係でボールをこちらでポゼッションしたくてもできない場合であったり、あるいはピッチ内の状況から速攻を仕掛けた方が適切であると判断した場合にはカウンターサッカーをやって、戦術を臨機応変に使い分けるべきだということは、これまで何度も言ってきたことです。

それではこのシリーズの最終回として、「質の高いカウンターサッカーとはどういうものか?」ということについて、述べていきたいと思います。

 まずカウンターサッカーのような、いわゆる「タテに速い攻撃」をやるにはふさわしくないシチュエーションから見ていきましょう。図1を見てください。

図1
ふさわしくない状況
(クリックで拡大 以下同様)

守備側が自陣に引いてコンパクトなブロックをつくり、バックのウラのスペースを極端に狭くし、守りの準備をすでに整えて攻撃側を待ち構えている状況が見て取れるかと思いますが、こういうシチュエーションで「タテに速い攻撃」をやるのは適切とは言えません。

こういう場合は、相手の守備ブロックの中でグラウンダーのパスをつないで攻撃を組み立てる「パスサッカー戦術」を選択した方がより効果的であり、カウンター攻撃を仕掛けるのは基本的に、相手チームがある程度こちらを押し込んでいて、相手のウラのスペースが広く空いているときにやるものです。

ところが、昨年10月にハリルジャパンがイランに遠征して行ったテストマッチにおいて、こういうシチュエーションであっても日本の選手たちは、ウラヘ向かって走りこもうとする味方へ浮き球のロングボールをひたすら放り込んでいました。

しかし、前進してきた相手GKに先にボールをキャッチされてしまうかー(1)、ロングボールに味方が追いつけず、ボールがそのままラインを割って相手ゴールキックになってしまうかー(2)、のどちらかでした。

監督さんから「タテに速い攻撃をやれ」と言われた選手たちが指示を鵜呑みにして、ピッチ内の状況におかまいなしでサッカーをやってしまった結果なのでしょうが、戦術理解度の面で大きな問題があったと言わざるを得ません。

それがイランとのテストマッチで攻撃がまったく機能しなかった原因であり、シンガポールやカンボジアのような相手に自陣に引かれた時にハリルジャパンが攻めあぐね、ゴールを奪うのに苦心する原因でもあります。

相手がこちらを押し込んでいてウラのスペースが広く空いているのか、逆に自陣に引いてウラのスペースが狭くなっているのか、相手チームの陣形がコンパクトなのか、それとも間延びしていて中盤にスペースがたくさんあるのか、ピッチ内の状況を良く観察して、それぞれの状況にふさわしい攻撃戦術をチーム全体で共通理解をもった上で選択できるようにならなければなりません。

 また「タテに速い攻撃」がふさわしい状況であっても、ハリルジャパンのカウンター攻撃はクォリティが低いため、なかなかゴールにつながっていません。

図2
質の悪いカウンター

上図は、前述のイランとのテストマッチでしばしば見られたハリルジャパンの攻撃パターンですが、ボールを奪い返したら、サイドへ流れるセンターフォワード(CF)にロングボールを放り込んで、サイドに攻めの基点をつくろうというものです。

Jリーグなんかでも、ワーッとスタンドが盛り上がるシーンなのですが、これは期待されたほど得点にはつながりません。

サイドで基点をつくっても、そこから直接シュートを打つことはまずできませんし、たとえ相手のサイドバックに競り勝った味方のCFがゴール前へドリブルしても、先に戻っている相手のセンターバックがまだ2枚もひかえており、その2人を抜いてシュートするのは容易なことではありません。

浮き球のロングボールを放り込んでしまうと、自分たちでわざわざ相手のウラのスペースを狭くしてしまうことにもなりますし、どうしても味方の押し上げが遅れ、CFが前線で孤立してしまいがちです。

このようにクォリティの低いカウンター攻撃を何度選手たちにやらせてみても、そこからこの戦術を高度に発展させるなんてことはできませんし、日本の選手たちの戦術理解やカウンタースキルがアップするとは到底思えません。

どうも日本サッカー協会(JFA)の技術委員会は「マイボールになったら、ともかくタテにロングボールを蹴らせておけば、選手たちもそのうち慣れて、カウンター攻撃が上手くなるだろう」と考えているフシがあるように思えるのですが、質の高いカウンターサッカーというものを本当に理解しているのか、はなはだ疑問です。

そもそもマイボールにしてから、選手たちがどのようにカウンターを仕掛けるかということを考え始めるのでは遅すぎます。

これは非常に重要なポイントですが、質の高いカウンター攻撃をやるためには、ボールを相手から奪い返す前からカウンター攻撃の準備を整えておかなければなりません。

相手からボールを奪い返した直後の選手は、攻撃の基点となるパスを出すのに一番不向きであるケースがほとんどだということは、日本サッカー界では戦術的な研究が不十分で、あまり理解されていないことのようです。

なぜなら、ボールを奪い返した直後の選手は、それまで相手からボールを奪うことに集中していたので、敵味方の選手配置や相手バックラインの高低など、ボールを奪った直後のピッチ内の状況を良くつかめていないことがほとんどだからです。

ですから、ボールを相手から奪った直後の選手がルックアップして、自分の周囲数mからピッチの一番遠いところまで状況を確認してからパスを出そうとすると、そうやって時間をかけている間に相手選手が自陣に戻ってしまい、カウンター攻撃のチャンスをみすみす失ってしまうことになりかねません。

さもなくば、監督からの「タテに速い攻撃をしろ」という指示を愚直に守ろうとして、ボールを奪った直後の選手が早さを最優先に、前方の状況をろくに確認せずデタラメにロングボールを放り込めばパスが3本と続かず、攻撃がまったく機能しないまま東アジア選手権で最下位に終わったハリルジャパンのようになってしまうのが関の山です。

そうではなく、組織的なプレス守備で相手のボールホルダーを囲い込みながら、それと同時に攻撃へすばやく正確に移行できるような準備を常に整えておくことが、質の高いカウンター攻撃をやるために死活的に重要なことなのです。

図3を見てください。

図3
コレクティブカウンター1

日本代表は攻撃時に4-2-3-1、守備時に両サイドハーフがダブルボランチのラインまで下がって守備ブロックをつくる4-4-1-1を使っているはずなので、それを前提にして説明します。

図3では、相手のボールホルダーを組織的なプレス守備でサイドへ追い込みながらボールを奪い返すことを狙い、右サイドバック(RB)と右サイドハーフ(RH)で相手を囲い込もうとしています。

このときチームの約束事として、たとえばトップ下(OH)が常にピッチ内の状況を確認しながら、味方がボールを奪い返した後フリーでボールを受けられ、カウンター攻撃へすばやく正確に移行できるようなポジショニングを常に取るようにしておきます。

(ここで相手のマーカーとくっついて、一緒にチンタラ歩いているようではプロ失格)

相手にプレスをかける選手はボールを奪い返すことに成功したら、まずトップ下を見ることを事前にチームの約束事としておきます。

図4
コレクティブカウンター2


RBが相手からボールを奪い返すことに成功しましたが、この選手はボールを奪うことに集中していたため、ピッチ内の状況がよくつかめていないはずです。

そこで、RBがルックアップしてドリブルしながら2秒も3秒もかけて周囲の状況を確認するのではなく、チームの約束事の通りまずOHを見て、その選手がフリーであれば迷うことなくパスをします。

もしOHが敵に密着マークを受けていてパスを出せないときは、自分に近い方のサイドハーフやボランチなど第二・第三のパス選択肢をチームで事前に決めておき、その選手にパスを出すようにします。

図5
コレクティブカウンター3


OHは、事前にピッチ内の状況をよく確認していたはずですから、それにふさわしいシチュエーションだと判断した場合には、ちゅうちょなくカウンター攻撃に移行します。

その場合、図2で示したようなロングボールを単純に前線に放り込む質の低いカウンター攻撃をするのではなく、コレクティブカウンターアタックを選択すべきです。

映像で見たい場合はこちら

図5では3対2でこちらが有利な状況をつくっていますが、複数の味方選手が連動し、主にグラウンダーのパスで相手を崩すコレクティブカウンターを使う利点の第一は、相手のバックラインがまだ高い状態のうちに、グラウンダーのスルーパスを広く空いたウラのスペースへ通して、味方選手と相手GKとの一対一の状況をつくることを狙った戦術であるため、それに成功すれば直接シュートまで持って行けて、ゴールの確率が非常に高くなることです。

パスサッカーの基本編で「ゴールできる確率が一番高い攻撃の形は、オフサイドにならずに味方の選手とボールを相手DFラインのウラへ送り込み、GKと一対一になることです」と言ったことを思い出して欲しいのですが、コレクティブカウンターは、中盤でショートパスによる攻撃の組み立てをせずに、ボールを奪い返した後いきなりパスサッカー戦術における「攻撃の最終ステージ」に突入したものと見なすことができ、コレクティブカウンターにはパスサッカーにおける攻撃戦術のエッセンスが凝縮されていると言えます。

その意味において、コレクティブカウンター戦術の延長線上にパスサッカー戦術があり、両者には、複数の選手が連動してグラウンダーのパスをつなぎ、スルーパスを出して最終的にGKとの一対一をつくることを狙うという戦術上の共通性があるので、相手からボールを奪い返した後、まずコレクティブカウンターを狙ってみて、それが相手にうまく防がれてしまった場合は一旦ボールをバックに戻し、こんどはパスサッカーに戦術を切り替え、中盤でグラウンダーのショートパスをつないで攻撃を再構築して、改めて攻撃の最終ステージに突入することを狙うという、状況に応じて戦術を柔軟に使い分けたサッカーをすることが可能になります。

これがコレクティブカウンターをやる利点の二番目であり、遅攻のポゼッションサッカーというイメージが強いFCバルセロナですが、バルサはこういう戦術の使い分けがとんでもなく上手いです。

逆に現在のハリルジャパンのように、浮き球のロングボールを多用するカウンターサッカーばかりやっていると、いざパスサッカーに戦術を切り替えたくても選手の連動性が落ちていて使い物にならず、カウンターというたった一つの戦術を硬直的にひたすらやることしかできなくなるという問題が起きやすいということを、このシリーズでさんざん指摘してきましたが、そうしたことが起こりにくいのがコレクティブカウンターなのです。

さらにコレクティブカウンターはグラウンダーのパスを主体に攻めるため、フィジカルコンタクトや空中戦にあまり強いとはいえない反面、スピードや技術・アジリティのある日本人選手の特長を生かしやすいことが、利点の三番目としてあげられます。

そして対戦相手のレベルが上がれば上がるほど、ロングボールを相手のウラヘ放り込む単純な攻撃が通用しにくくなりますが、コレクティブカウンターを使った質の高い攻撃であれば、よりレベルの高い相手であってもゴールにつながる効果的な攻めがやりやすくなります。

例えばリオ五輪アジア最終予選では、手倉森ジャパンが大会前のテストマッチで機能したからということで、ロングボールを相手のウラヘ単純に放り込む攻撃を多用していましたが、グループリーグで当たったタイやサウジのようなDFのレベルが低い相手には通用したものの、準々決勝のイラン、準決勝で当たったイラクとレベルがあがるにつれて、そのような攻撃がまったく通用しなくなりました。

逆に複数の選手が連動してグラウンダーのパスを使って攻めた、イラク戦での先制ゴールや韓国との決勝戦の一点目は、ボールを奪うところからゴールをゲットするところまで、コレクティブで良いカウンター攻撃だったと思います。

 ここでコレクティブカウンターをやる上で、Jリーグなどで良く見かける日本人選手にありがちな失敗例をあげておきましょう。

誤カウンター

もう3対2のこちらが有利な状況をつくれているのに、まだ味方が押し上げるためのタメをつくるかのように、ドリブルのスピードをゆるめてグズグズしていると、相手のウラのスペースがどんどん狭まっていき、スルーパスを通すのが難しくなってしまいます。-(1)

またパスの受け手の方も、「自分のスパイクにタッチラインの白い塗料がつくようにピッチの横幅を広く使って攻撃しろ」という指示を鵜呑みにしてしまうのか、ピッチの大外を味方のボール保持者と平行に走ってしまったり、-(2) ボール保持者からどんどん遠ざかって行ってしまう選手さえ見かけますが、ー(3) 味方からパスを受けた後のことをまったく考えていない非常にまずいポジショニングです。

ピッチの大外でパスを受けても、シュートをするためには相手ゴールがあるピッチ中央に戻ってこなければなりませんし、
ー(4) 自分のゴールへ最短距離で戻った相手DFにシュートコースを消されてしまいます。-(5)

それではせっかくのゴールチャンスをミスミス逃すことになりかねません。

正カウンター

効果的なコレクティブカウンターをやるためには、最低限ボールを正確にコントロールできる最も速いスピードでドリブルしつつ、周囲の選手はボール保持者との適切な距離を保ってサポートすることが欠かせません。

サポート役の選手は上図のように、後退する相手DFラインの横幅より数m広い距離までボール保持者に近づき、相手のウラでスルーパスを受けて、そのままシュート・ゴールすることを狙います。

正カウンター2

より高度なコレクティブカウンターとして、ドリブルする味方の前をサポート役の選手がクロスするように横切ることで相手DFのマークを混乱させた上でスルーパスを出したり、ー(1) サポート役の動きに相手DFがつられてコースが空いたところをボール保持者がそのままシュートしたり、ー(2) するやり方もありますが、どちらにせよあまりグズグズはしていられません。

相手DFのウラのスペースが狭くならないうちに、スルーパスを出すのか、自分でシュートを打つのか思いきりよく決断しなければなりません。

 以上、良いカウンターアタックとはどういうものかということについて述べてきましたが、ブラジルW杯でザックジャパンが敗退して以降、「ポゼッションサッカーのせいでザックジャパンは負けた」とか「サッカーの内容なんてどうだっていい。勝てばいいんだよ勝てば」などという誤った主張であったり、目先の利益につられた短絡的な議論が巻き起こり、それにひきずられたのか、JFAの技術委員会による日本代表の強化方針にブレが見られるようになり、それがシンガポールやカンボジアといった決してレベルが高いとは言えない相手に苦戦を重ねるといった、ハリルジャパンの迷走につながっているように思えます。

より長期的な利益を考慮すれば、日本サッカーのメイン戦術にパスサッカーを据え、選手やチームをじっくり育て上げていくべきであると当研究所は考えていますが、格上の相手と対戦してパスサッカーをやりたくてもやらせてもらえなかったり、ピッチ上の状況によってカウンターサッカーをやる方が適切な場合は現実策として、臨機応変に戦術を使い分けるべきであるとも主張してきました。

しかし、「やり続けなければ決して上手くなれず、途中で止めてしまうとレベルが下がる一方」というパスサッカー戦術の本質をふまえれば、チームの基本戦術にパスサッカーをまず据えて、戦術のバリエーションを増やすためにカウンターサッカーを追加採用することはできても、普段カウンターサッカーをやっていてそれが通用しなかったからといって、いきなりパスサッカーをやろうとしても、それが非常に困難で非現実的だということについては、これまで何度も指摘しました。

ベタ引きの相手に苦戦しているハリルジャパンは、それをやろうとしてしまっているように見えますし、これからロシアW杯までの二年数か月、カウンターサッカーをずっとやっていって、いざ本大会でそれが通用しなかったら、時間切れで別の戦術を用意することもできません。

そもそもカウンターサッカーは、何年もかけてトレーニングを積まなければできないような難しい戦術ではありませんし、パスサッカーとカウンターサッカー、どちらが難易度が高くより多くの練習時間を必要とするかの判断と、その判断に基づいてロシアW杯開幕から時間を逆算して、二つの戦術のうち、どちらの戦術の練習を先にはじめるべきか、その順番を間違えてしまうと、取り返しのつかないことになりかねません。

さらに、カウンター攻撃をやる場合であっても、ハリルジャパンが多用している浮き球のロングボールをタテに放り込む攻撃をするのではなく、この記事で述べたようにコレクティブカウンターを使えば、パスサッカーに戦術を切り替えたくなった場合でもスムーズに戻しやすいといった様々なメリットがあります。

コレクティブカウンターを実戦で使えるレベルまで持っていくのにどんなに時間がかかっても、1年もトレーニングすればモノになるでしょうし、日本代表も普段はパスサッカーを基本戦術としてトレーニングしたり実戦で使ったりして、プラスアルファとして、コレクティブカウンターを少しづつ練習したり、実戦で使っていけば良いと思います。

最悪、2018年ロシアW杯が始まる1年前ぐらい前から、コレクティブカウンターを練習し始めても、遅くはないと思いますが、普段カウンターサッカーをやって行って、それがW杯初戦で通用しなかったからといって、二戦目にいきなりパスサッカーに戻し、世界の強豪相手に機能させようとしてもまず無理だということは、何度でも念押ししておきます。

<了>


サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。


当ブログ関連記事

二手三手先を考えてサッカーをするということ(その1)

二手三手先を考えてサッカーをするということ(その2)

パスサッカーの基本(その1)

パスサッカーの基本(その2)

より高度なパスサッカー(その1)

より高度なパスサッカー(その2)

より高度なパスサッカー(その3)

なぜパスサッカーなのか?(その1)

なぜパスサッカーなのか?(その2)



  

■なぜパスサッカーなのか?(その2)

 サッカーの世界史は、パスサッカーという「強者の戦略」が
勝利してきた歴史であり、日本も長期的なビジョンを持って選手個々の能力やチームの組織力を高め、自分たちの長所や特長を生かしたパスサッカーであくまでも強者を目指すべきだというお話を前回しました。

 ところが、ザックジャパンがブラジルで敗退して以降、「試合内容なんてどうだっていい。勝てばいいんだ、勝てば」という“勝利至上主義”が、日本サッカー界にじわじわと広がり始めているようにも見え、大変心配しています。

勝利至上主義という悪魔の甘いささやきは、カウンターサッカーという戦術にとても結びつきやすいんですが、セリエAが衰退したのもそれが大きな原因の一つだと考えていますし、たとえ伝統ある強豪チームであっても、悪魔のささやきに負けて自らの魂を売り渡し、長年培ってきたサッカー哲学にブレが見られるようになると、チームが低迷を始めるようなことが良くあります。

オランダ代表もその例外ではありませんでした。

2002年W杯出場を逃したオランダは、ファンバステンを代表監督に迎え、クライファート・オーフェルマルス・デブール兄弟ら輝かしい実績のあるベテラン主力選手たちをバッサリ切ります。

その代わり、チームの背骨にファンデルサール・コク・ファンニステルローイら経験のある選手を残しつつ、ロッベン・ファンペルシー・スナイデルら若手に先発のチャンスを与え、W杯の欧州予選を勝ち抜きながら、同時に若手選手にどんどん投資をして育てていったのです。

2006年ドイツW杯出場を決めたオランダは伝統の4-1-2-3によるパスサッカーで挑み、グループリーグは突破したもののベスト4にさえ残れませんでしたが、若手選手が貴重な経験を積んでたくましく成長、彼らが主力となった2010年W杯では準優勝という結果を残し、より長期的な利益を考えた強化策が実を結びました。

ところがその後がいけません。

ロッベンらの世代を引っ張りすぎて、次の世代への投資が不十分となり、2014年W杯では、ファンハール監督が5バックのカウンター戦術を採用して3位に入ったものの、「3位になった」という記録が残っただけで、将来のオランダ代表を背負って立たなければならない若手選手が、ハイレベルな対戦相手に自分たちのサッカー哲学がどこまで通用するかを試す貴重なチャンスを、さらに失ってしまいました。

クライフは、ファンハールのカウンターサッカーをこき下ろしていましたが、やはり勝利至上主義という悪魔に魂を売り払ったツケが後になって回ってくることになります。

ユーロ2016予選では、カウンターサッカーか、それとも伝統のパスサッカーに戻るべきかフラフラ迷い、若手の育成が上手くいかないのでいつまでたってもチームの主力を担うべき中堅選手が手薄で、ロッベンやファンペルシーらベテラン世代に依然として頼り続ける反面、十代の選手を代表デビューさせないといけなくなるなど、世代交代も含めたチームの強化戦略が最後までチグハグで、とうとうプレーオフにも進出できず敗退してしまいます。

勝利至上主義と結びついたカウンターサッカーは、「試合に勝った」という記録こそ残りますが、それ以外に得られるものは思ったほど少なく、持続的な成功が望めないという意味で、長い目で見ればプラス面よりもマイナス面の方が大きいという教訓を、こうした実例が我々に教えてくれているのではないでしょうか。

イビチャ・オシム元日本代表監督も、「国際大会に負けて、多くの優秀な選手をA代表に送り込むユースチームもあれば、国際大会で勝って、A代表に選手をろくに送り込めなかったチームもある。そのどちらが良いのか?」みたいなことを言っていましたね。

もちろんどんな大会でも勝利を目指すのは当然なんですが、ジュニアユース・ユースなどの育成年代が「内容なんてどうだっていい。勝てばいいんだ」という勝利至上主義に憑りつかれ、ボールをポゼッションして失敗するのが怖いからと、ロングボールを前へポンポン放り込むようなレベルの低いサッカーをやってしまうと、何十年もの将来にわたって日本サッカー界に大きな災いをもたらすことになりかねません。

育成年代の国際大会における勝敗が、大人の選手になってからの成功・失敗に、必ずしも反映されるわけではありません。

五輪代表(U-23)が育成年代に含まれるかは微妙なところですが、日本サッカー界は選手が大人になるのに世界から5歳遅れているというのが当研究所の持論なので、あえて取り上げます。

2012年ロンドン五輪では、カウンターサッカーの関塚ジャパンが、ポゼッションサッカーのスペイン五輪代表に勝ったわけですが、両チームの主力選手はその後、どういう風に成長していったでしょうか。

関塚ジャパンの中心選手が今どこでプレーしているかと言えば、ハノーファーでプレーしている清武・酒井宏が最も成功した選手たちであり、“大躍進”の立役者だった永井・大津の両選手は海外クラブから出戻ってきて、それぞれ名古屋と柏でプレーしています。

逆にスペイン五輪代表の当時の主力は、デ・ヘア(マンチェスターU)、ジョルディ・アルバ(FCバルセロナ)、ハビ・マルティネス(バイエルン)、イスコ(レアルマドリード)、マタ(マンチェスターU)などとなっています。

さて、ロンドン五輪でベスト4に進出した関塚ジャパンは、純粋に育成チームとして成功したと言えるのでしょうか?

スペイン五輪代表は関塚ジャパンのカウンターサッカーに屈したわけですが、試合に勝ったからといって関塚ジャパンの選手たちが、スペイン五輪代表の選手たちよりも個の能力で上回ったというわけではなさそうです。

関塚ジャパンがスペイン相手にカウンター戦術を採用したのはやむを得なかったとは思いますが、モロッコやホンジュラスといった日本と互角かそれ以下の相手にもカウンターサッカー一辺倒で行ってしまい、先行逃げ切りが唯一の勝利パターンで、相手にリードされると自陣に引いた相手をまったく崩せないので、そこでジ・エンドというチームでした。

そのチームがどういうサッカー戦術を採用しているかで、どういうタイプの選手が数多く育ってくるかに大きく影響してきますが、ポゼッションサッカーをやることで、敵に囲まれた狭いスペースでもボールを失わない高い技術を持った選手が多く育つことはあっても、カウンターサッカーではそうはいきません。

カウンターサッカーというのは、「試合に勝った」という記録は残りますが、それ以外に得られるレガシー(遺産)はそれほど多くはないのです。

カウンターサッカーと結びつきやすい勝利至上主義が、悪魔の甘いささやきだという意味はそういうことであり、A代表にどういうタイプの選手を送り込むべきか一貫した戦略をもち、そうした長期的な視野に立って強化に取り組むべき育成年代に勝利至上主義がはびこれば、長い目で見て損をするのはその国のサッカー界です。

もちろんA代表だって、「効率が良いから」などといった安直な理由でカウンターサッカー一辺倒になれば、いつか手痛いしっぺがえしを食らうことになるでしょう。

「じゃあ、ポゼッション志向の強かった日本のユース・ジュニアユース代表が、アジア予選で敗退を続けているがそれでも良いのか?」と問われそうですが、彼らの敗因は何と言っても「センターバックを中心に守備時の一対一が弱すぎた」ということにつきると思います。

ポゼッション(パス)サッカーのチームだろうがカウンターサッカーのチームだろうが、センターバックを中心とした守備力が弱ければ、失点して試合に負ける可能性が高まるのは当たり前。

育成年代の日本代表チームは、ボールをポゼッションして中盤で攻撃を組み立てるところまでは悪くないのですが、相手のDFラインを崩してゴールを奪う「攻撃の最終ステージ」における戦術や個人技能に改善すべき点があることが多く、それが原因で相手を攻めあぐね、なかなかゴールを奪えないでいるうちに、カウンターを仕掛けてきた相手のFWに対し、人数は足りているんだけれどもこちらのDFが一対一で負けて失点したり、日本のゴール前へ単純なクロスを入れられて、空中戦の一対一に負けてヘディングシュートを食らってというのが、典型的な負けパターンだと思います。

私はバルサのパスサッカーを支持していますが、盲目的に崇拝しているわけではありません。

バルサ・ファミリーの中には、「パスは何十本でもつながればつながるほど良い。ボールをこちらでポゼッションしていれば、相手に攻められることはないのだから」と主張する人がいましたし、その考えをさらに発展させ、それ以外の能力を切り捨ててボールポゼッションのみに純化したチームづくりをしたのが、フィールドプレーヤー10人全員がパサーだったU-17吉武ジャパンだったのでしょうが、私はこうした極端すぎる考え方を支持しません。

なぜなら、いくら能力を極めてもボール保持率を100%にすることはまず不可能でしょうし、たとえ回数が少なくても相手に攻めこまれれば、こちらのバックと相手FWが一対一になったり、自分のゴール前に入ってきたクロスボールを空中で競り合わなければならないような場面が必ず出てくるからです。

そこで、足元のパス能力を最優先にして、フィジカルコンタクトや空中戦に弱いDFばかりをそろえたチームは、自分のゴール前でたった一回でも空中戦に競り負けて相手からヘディングシュートを食らえば、それが決勝点になってしまうこともあり得ます。

先ほども言ったように、日本のユース・ジュニアユース代表がアジア予選で負ける典型的パターンがこれです。

だからA代表も含め、センターバックは専門職であり、身長は最低でも185㎝以上あってフィジカルコンタクトに強い選手が絶対必要だから、日本サッカー界は総力をあげて「センターバックのスペシャリスト」の育成に力をいれろと、口を酸っぱくして言い続けているのです。

もしそういう選手がいれば、ゴール前の空中戦で簡単に競り負けて失点するようなことはなくなりますし、カウンター攻撃から一対一の局面をつくられても、個人技のある相手のドリブラーをフィジカルの強さを生かしてガチッと体を当ててボールを奪い、ピンチを防ぐといったようなことも可能になります、

吉武ジャパンもあんな極端なことをせず、ブスケツやピケ・マスケラーノの役目を果たす選手を置いて、相手のDFラインを崩してゴールを奪う「攻撃の最終ステージ」のプレーを改善すれば、もっと良い成績をあげられたのではないでしょうか。

日本のユース年代がアジア予選で敗退が続いているのは、このようなことが原因であり、パスサッカーという戦術そのものに欠陥があったわけではありません。

U-23代表も含め育成年代で最も重要なことは、クラブや代表チームにおいて、自分たちのサッカー哲学に基づいた、選手個々の能力アップやチームの組織づくりが普段から継続的にできているかどうかであって、五輪やユースW杯のような国際大会はその達成度をはかるチェックの機会と考えるべきでしょう。

たとえ負けたとしても、そこでの失敗や挫折は選手一人ひとりにとって一生の財産となります。

逆にそこでの勝ち負けに一喜一憂して、「世界大会に出るためには内容なんてどうだっていい。勝てばいいんだ。勝てば」という勝利至上主義に陥ってしまえば、日本のサッカー界に、今後何十年にもわたって負の遺産を残すことになりかねません。

どんな分野であっても成功したいなら、失敗から学ぶ、トライ&エラーという作業の連続から逃れることはできません。毎日少しづつ失敗していくか、後でまとめて大きい失敗をドカンとするかの違いだけです。

日本人サッカー選手の、人生最初にして最大の失敗がA代表のW杯だったということが、最悪の失敗なのです。

 サッカーはただ勝てばいいというスポーツではないと思います。

その国その民族ごとに「こうやって勝つと気持ちがいい」というサッカースタイル=アイデンティティがあり、「俺たちのやり方が世界一だ」と信じる32の代表が集まるのがワールドカップという世界最大の祭典です。

1990年代初めまで、アジアという世界の三流の、そのまた二流だった日本サッカー。

それまで南米選手の個の能力の髙さばかりに目を奪われてきた日本サッカー界に、オランダ出身のオフト監督が「トライアングル」「スモールフィールド」といったキーワードを使いながら組織的なパスサッカーを導入したことで、日本代表は一気にアジアトップレベルまで追いつき、92年にアジアカップ初優勝、翌年のアジア予選ではW杯出場まであと数秒というところまで迫りました。

その後も、名波・中田英・小野・中村俊から本田・香川まで、日本のパスサッカーを支える優れた“トップ下”を続々と生み出してきたのです。

これが日本サッカーのストロングポイントであり、多くの日本人が好むサッカースタイル=アイデンティティだったのではないでしょうか。

これに対してハリルジャパンは、中盤を省略したロングボールを多用するカウンターサッカーをやることが多くなっていますが、それはアジアで初めての試みというわけではありません。

私が知る限り、サウジアラビアやイランのようないわゆる中東勢が、1980年代の昔から今に至るまでずっとやってきたスタイルです。

じゃあサウジやイランのような中東勢は、W杯のような世界レベルの大会で、近年まで大成功を収めてきたと言えるでしょうか? そんな実例はありません。

むしろパスサッカーを得意とする日本に押され気味となったアジア各国が、これまでの単純なカウンターサッカーを反省し、技術の高い選手を育成してパスサッカーを取り入れようという動きも見せ始めている状況で、もうすでに失敗したことがわかっている、ロングボールを前線にひたすら放り込むフィジカル頼みのカウンターサッカーを、これから日本が始めようというのであれば、こんな愚かなことはありません。

必ずや「日本サッカー100年の計」を誤ることなります。

だいたい、アジア各国の代表チームに日本代表が圧倒的に攻められて、日本はずっと我慢しながら数少ない勝機をカウンター攻撃に託すなんて試合、あなたは見たいと思いますか?

それは日本サッカー界が、選手の育成やチームづくりの戦略に失敗したということを意味しており、私が絶対に目にしたくない光景です。

クラブで数々のトロフィーを掲げてきたメッシが、代表チームにたった一つの優勝タイトルさえもたらせないことにいらだつアルゼンチン国民もいるようですが、2014年W杯を戦ったサベーラ監督のアルゼンチン代表も、どちらかというとカウンターサッカーのチームでした。

しかし、メッシはパスサッカーをやることが大前提になっているバルサのカンテラが育成した選手で、メッシが自分の能力をフルに生かせるのも、やはりパスサッカーのチームです。

建英君やピピ君の将来がどうなるかまだ誰にもわかりませんが、彼らや我々が知らないところですくすく育っているかもしれない日本のサッカー少年たちがいずれ世界を代表するクラッキになったとき、日本代表がカウンターサッカーしかできないような状態に落ちぶれていれば、彼らの能力をフルに生かしてやれない、とても情けない状況になる可能性が高いです。

ブラジルW杯以後、強化戦略がブレ始めたように見える日本サッカー協会の技術委員会は、そこまでの長期的ビジョンに立った戦略を描けているのでしょうか?

ハリルホジッチ監督は、W杯で旋風を巻き起こしたラグビー日本代表を引き合いに出し、「最も高い理想のものを選択してトライした。これは1つの良い例です。我々も勇気と自信を持てば強豪国に勝てる」とコメントしています。

サッカーにおける最も高い理想がパスサッカーだと私は考えていますし、長期的なビジョンに立った決してブレることのない確固たるサッカー哲学を持ち、時間はかかっても勇気と自信を持ってコツコツ取り組んでいけば、日本代表も創造性あふれるスペクタクルな攻撃サッカーで世界の強豪に勝てる時代が、必ず来ると信じています。

「なぜパスサッカーを日本サッカーのメイン戦術に据えるべきなのか?」と問われたなら、それが当研究所の答えです。


つづく



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。

  

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ






   

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。