■各国代表―OFC(オセアニア)

■ワールドフットボールバランス(オセアニア)2005.11.16現在

☆2006W杯・オセアニア-南米予選・プレーオフ

2005.11.16

シドニー

オーストラリア 1-0 ウルグアイ
(ブレシアーノ 34)

(二試合合計 1-1 PK戦4-2でオーストラリアが本大会出場)

----------------------------------

◆ホームの利を生かし健闘、90分で1-0の勝利をもぎとったオーストラリアだったが、延長戦では決着がつかず、PK戦へ。

そしてプレッシャーがかかる中でPK戦を制したのは、GKの神がかり的セーブ連発だったオーストラリアだった。

 これで4回連続のプレーオフ出場(過去の対戦相手は、アルゼンチン、イラン、ウルグアイ)にして、オセアニア代表として久しぶりのW杯行きを決めた。

 しかし次回W杯予選からオーストラリアはアジア地区に入るわけだが、いまだにスパルタクは納得がいかない。

AFCのバカ。残されたフィジーやクック諸島など、オセアニア・サッカーの将来はどうなる?


ワールドフットボールバランス(世界サッカーランキング)by国際サッカー戦略研究所

OFC(オセアニア)2005.11.16現在

B  +オーストラリア

CC ニュージーランド



DD 

D  パプアニューギニア バヌアツ フィジー
   +ソロモン諸島

EE タヒチ ニューカレドニア

E  トンガ サモア 米領サモア クック諸島

  

■ワールドフットボールバランス(オセアニア)2005.11.12現在

☆2006W杯・南米-オセアニア予選・プレーオフ

2005.11.12

モンテビデオ

ウルグアイ 1-0 オーストラリア
(ロドリゲス35)

------------------------------------

◆南米5位とオセアニア代表とのプレーオフは、南米代表ウルグアイが苦戦しながらも最小得失点差で勝利。

オーストラリアはシドニーで16日行われるホームゲームに、悲願のW杯出場をかける。

ワールドフットボールバランス(世界サッカーランキング)
by国際サッカー戦略研究所

OFC(オセアニア)2005.11.12現在

B  オーストラリア

CC ニュージーランド



DD 

D  パプアニューギニア バヌアツ フィジー
   +ソロモン諸島

EE タヒチ ニューカレドニア

E  トンガ サモア 米領サモア クック諸島

  

■ワールドフットボールバランス(オセアニア)2005.9.6現在

☆2006W杯・オセアニア予選プレーオフ


2005.9.3

オーストラリア 7-0 ソロモン諸島
(クリナ21, ビドゥカ36,43, カーヒル57,
チッパーフィールド64, トンプソン68, エマートン89)


2005.9.6

ソロモン諸島 1-2 オーストラリア
(ファロド49PK : トンプソン17, エマートン59)


オーストラリアが、南米5位チームとの最終プレーオフ進出

-----------------------------------------

・久しぶりに行われた、オセアニア予選。
オーストラリアがオセアニアで戦う最後のW杯予選となる。

(オーストラリアがぬけたオセアニアサッカー連盟はどうなるのだろう?)

一戦目は、オーストラリアが実力の差をみせつけて大勝。

二戦目は、主力をベンチにおいて余裕を見せたオーストラリアが、地元ソロモンに手こずったものの勝利して、プレーオフ進出決定。

南米5位とのプレーオフに勝てば、久しぶりのW杯出場が決まる。


ワールドフットボールバランス(世界サッカーランキング)
by国際サッカー戦略研究所

OFC(オセアニア)2005.9.6現在

B  オーストラリア

CC ニュージーランド



DD 

D  パプアニューギニア バヌアツ フィジー
   +ソロモン諸島

EE タヒチ ニューカレドニア

E  トンガ サモア 米領サモア クック諸島

  

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索