■オーストラリア戦をどう戦うべきか?

 今月31日に行われる2018ロシアW杯アジア予選の対オーストラリア戦を日本代表はどう戦うべきか、今回はこれをテーマに述べたいと思います。

ところで、先月12日に日本サッカー協会がオーストラリア戦をテーマとした技術委員会を開催し、「暑さに強い」国内組を重視したメンバーを代表に呼ぶことを示唆したと報じられています。


http://www.sanspo.com/soccer/news/20170712/jpn17071203060001-n2.html


いまさら言うまでもありませんが、代表選考の唯一無二の目的は「チームを勝たせるため」です。

この場合で言えば、「暑さに強いかどうか」ではなく、「オーストラリアよりも能力が高いかどうか」が重要なのであり、「暑さに強いが、オーストラリアより能力が劣る選手」を集めても、試合に勝てる確率は低くなってしまいます。

6月にイランでやったイラク戦でも、「日本人は相手よりも暑さに強い」というアテが外れて、引き分けに終わっています。

ゲーム前にハリルホジッチ監督が「相手はラマダン(断食月)で日中飲食ができない。試合の後半に必ず足が止まるぞ」と、日本代表の選手たちに余計な期待感を持たせていました。

しかし相手の足は最後まで止まらず、逆に気温37℃の酷暑だというのに、バックから前線の大迫選手らにロングボールを盛んに放り込み、ピッチを激しく上下動していた日本の方がへばってしまうという笑えないオチに。

試合前、日本の選手たちはボールをポゼッションして自分たちの体力は温存しつつ、相手を守備に走らせることで消耗させてゲームに勝つという戦術を提案したところ、どんな気候だろうが相手が格下だろうが、ロングボールを前線へ放り込むタテポンサッカーをどうしてもやらせたいハリル監督と意見がまとまらないという記事をどこかで読みましたが、結局、選手たちの意見の方が正しかったことが、試合の内容と結果から証明されてしまいました。

まぁハリル監督は、ロングボールを放り込むキック&ラッシュみたいな古色蒼然とした攻撃戦術しかないのですが。

ついでに指摘しておきますと、対戦相手がイスラム教国の代表チームだからといって、ラマダンで必ず足が止まるとは限りません。

なぜなら、イラクやシリア・イランなどには少数ながらキリスト教徒など別の宗教の信者がいて、そういう人たちは基本的にラマダンと関係ありません。(レバノンに至っては多数派がキリスト教マロン派アラブ人)

ちなみに、6月にテヘランで日本と対戦したイラク代表のセンターバック、レビン・スラカはキリスト教徒のアッシリア人です。

にもかかわらず、相手が全員イスラム教徒と決めつけ、「ラマダンだから相手は必ず足が止まるぞ」などと言って、日本代表の選手たちを、ぬか喜びさせてしまうハリル監督は、いかにもウカツなんですよね。

今度のオーストラリア・サウジとの2連戦に召集するメンバーは、暑さに強いことに越したことはありませんが、基本的に能力の髙さで選んだ方が良いと思います。

で、その国内組の能力についてなんですが、先月行われたJリーグ・ワールドチャレンジに、ドイツのドルトムントとスペインのセビージャが招待されて、テストマッチを含む数試合が実施されました。

両チームともシーズン前で体が出来上がっていない状態だったと思いますし、自分たちに有利なホームですからJリーグ勢には全勝して欲しかったんですが、浦和はドルトムントに2-3で敗れ、セレッソは負けたものの鹿島がセビージャに2-0で勝利という結果に終わりました。

浦和にも代表クラスの選手がいるのですが、エムレ・モルに守備がボロボロにやられ、たとえば海外組に故障が出てロシアW杯でいきなり国内組のバックを使わなければならないという状況を想像したら、少しゾッとしてしまいました。

鹿島は特に後半、パスサッカーで相手の守備を崩してもう少しでゴールという場面をつくり出したりして思ったより内容は良かったのですが、これはあくまでもテストマッチであり割り引いて考える必要があります。もしチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグみたいな公式戦で鹿島と当ったとしたら、まったく別の結果になる可能性もあります。

これは余談ですが、セレッソはGKがまともだったら、もう少しなんとかなったんじゃないでしょうか。

あの程度のシュートを前へこぼすのはプロとしてあり得ませんし、昨年のスペイン代表とのテストマッチでも似たようなミスしてましたよね。PK取られたプレーも、最初に左手でボールにいったのは問題ないとしても、次に右手で相手の足をつかんで倒しPK献上と、セレッソは本当にあの選手よりも上手いGKがいないんですか?

こうしたことを総合的に判断すれば、今度のオーストラリア戦は、暑さに強いからという理由でJリーグ組を中心にスタメンを組むのではなくて、海外組・国内組の区別なく実力本位でメンバーを選ぶべきです。

8月31日の試合直前にしか帰って来られない海外組はどうするかという問題がありますが、欧州各国クラブに対し、日本のロシアW杯出場が決まった時点で選手をクラブへ戻すという約束で、「今回だけの特例」として、オーストラリア戦の1週間前に代表召集された選手が日本へ帰国できるよう、西野技術委員長が欧州各国クラブをまわって説得するというのはどうでしょうか。

その場合、「ロシアW杯で日本人選手が活躍すれば、高額の移籍オファーが来るだろうから、あなた方のクラブの利益にもつながる。もし日本がW杯出場を逃せば、こういうビジネスチャンスは消えてなくなってしまいます」と、クラブ側にも大きなメリットがある事を強調すれば、協力してもらえるんじゃないでしょうか。

予選の最終戦で当たるサウジは、日本戦の前にやるUAE戦を前倒しで実施できるよう協力を取りつけ、サウジの選手が日本より2日多く休めるよう万全の態勢を整えています。

相手を甘く見ているのか、大事なオーストラリア・サウジとの2連戦に向けて、何の努力もしていないのは日本だけです。

昨年のアウェー戦では引き分けていますが、だからといってホームゲームでは問題なくオーストラリアに勝てるだろうと思い込むのは危険です。

あの時よりも、今の日本代表の状態は良くありません。大迫選手が足首を痛めて故障というニュースも飛び込んできました。

日本代表も、海外組がオーストラリア戦の1週間前までに帰国できるよう、最善を尽くすべきです。

つづく



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。


  

■韓国の、韓国人による、韓国人のためのAFC

 いわゆる旭日旗問題で処分を下された川崎フロンターレが、アジアサッカー連盟(AFC)に不服申し立てを行いましたが、20日AFCは川崎の申し立てを棄却しました。

川崎は旭日旗に「差別的な意図はない」と主張し、処分を下したAFC規律委員会についても「中立性、信用性に疑問がある」と訴えましたが、これほど短期間に上訴棄却が決定されたということは、AFCが川崎の主張を詳しく検討することはせず、始めから「門前払いありき」というあからさまな態度を表明したことになります。

AFCが加盟国に対し、公平中立ではないという疑惑がますます高まりました。

川崎は、不服申し立てが事実上の門前払いとなった理由を説明するよう、質問書をAFCに提出するとしています。

 一方同じ日にAFCは、済州ユナイテッドからの不服申し立てを受理し、5月に行われたACLの浦和対済州戦で、暴力行為などで処罰を受けていた済州のチョ・ヨンヒョンの出場停止期間を6か月から3か月へ、ペク・ドンギュは3か月から2か月に、それぞれ処分を軽減すると発表しました。  

AFCは、済州側の「意図的なものではなかった」という主張を認め、処分を軽減したとのことですが、ベンチから飛び出して反対側までピッチを爆走し、浦和の阿部選手にジャンピング・エルボーを食らわすという手の込んだことをやっているのに、これを「意図的ではなかった」と判断するなんてAFCは完全に狂っています。

おそらく韓国人のAFC副会長チョン・モンギュがAFCを私物化し、韓国のクラブをひいきして自分たちに有利な裁定が出るよう、裏でAFCを動かしているのではないでしょうか。

韓国の大統領が退任した後、逮捕・投獄や自殺など必ずといっていいほど悲惨な末路をたどる理由が、皆さんもこれでよく理解できたと思います。

韓国人は感情的で理性に欠ける人が極めて多く、「スポーツに負けてムカついた。相手をぶん殴ってやりたい」とか、「強大な権力を手に入れたので、それを使えばいくらだって私腹を肥やせるぞ」と思ったら、そのまんま実行に移す人が大変多いのです。

権力を手に入れると組織を自分の思うがままに動かし、下の者から賄賂を受け取った見返りに便宜を図ったり、自分の一族を組織の要職につけたりして私腹を肥やしたりするので、韓国人がトップの組織は徹底的に腐敗していきます。

日本を含めたその他の国にも汚職は存在しますが、韓国の場合、度を越してひどいです。

チョン・モンギュのように財閥を所有する一族は生まれながらにして贅沢三昧の暮らしが約束され、権力者の子弟が不正な手段で有名大学卒業の学歴を手に入れる例さえあります。

名門大学への裏口入学が発覚して国民から批判された大統領側近の娘チョン・ユラは、「おまえらの親を恨め。持ってるうちの両親をとやかく言うな、金も実力だ」と言い返したのですが、韓国人のメンタリティらしいなあと思います。

逆に権力者と血縁関係にない人は、どんなに正々堂々と努力してもカネと力を持っている一族から不当な扱いを受け、恵まれない境遇のまま。

正直者が徹底的にバカを見る社会。それが韓国です。

(ACLでの問題で言えば、それが浦和と川崎)

自分と血がつながった者どうしで甘い蜜をなめ合う、
“nepotism”や“crony capitalism”は、社会の発展が遅れた国ほど色濃く見られるものですが、韓国の場合は特にひどいです。

韓国は、自分たちの遅れた社会システムを国連やAFCといった国際社会に輸出するのは即刻やめて頂きたい。
  
ところで被害者である浦和への処分はそのままなのに、済州の処分だけが軽減されたのは、パク・チソンがAFCに出した嘆願書が大きかったという報道があります。


http://www.theworldmagazine.jp/20170722/03domestic/172398 


2011年アジアカップ準決勝の日韓戦で、キ・ソンヨンが日本人を猿と人種差別するパフォーマンスをしたとき、それを唯一たしなめたのがパク・チソンでした。


monKI
キ・ソンヨンの人種差別行為をたしなめるパク・チソン 2011年1月25日


パク・チソンだけは常識人だと思っていたのに、済州をかばって処分を軽減してくれるよう嘆願書を出すとは、ハッキリ言って見損ないました。

しょせん彼も、身内どうしで罪をかばいあう韓国人だったのかと。

逆に、もし日本人選手が負けた腹いせに対戦相手に暴力を振るったとしても、本田選手や香川選手がAFCに処分軽減を求めるようなことは絶対ありえませんし、われわれ日本人はそこまで堕落していません。

この問題に関して、日本サッカー協会の会長でFIFA理事の田嶋会長の姿がまったく見えないのですが、 浦和や川崎をちゃんとサポートしてくれているのでしょうか。

AFCが、あくまでも暴力の被害者である浦和を罰するというならば、それが撤回されるまで、浦和のサポーターはACLの試合に限り、スタジアム内での応援をボイコットしたらどうでしょうか。

またACLのオフィシャルスポンサーになっている、トヨタ自動車・ニコン・セイコーといった日本企業に対し、浦和に対する理不尽な処分が撤回されないかぎり、契約が切れた時点でオフィシャルスポンサーを降り、AFCにお金を払うのをやめてください。そうしていただけないなら、トヨタやニコン・セイコーの商品は買いませんと、メールや手紙を出すと良いと思います。

(例えば、トヨタがAFCに払った広告料は、あなたがトヨタから買った自動車の価格にしっかり含まれています)

ACLがスポーツ興行として赤字になり、つぶれてしまっても日本としては痛くもかゆくもありませんし、私もACLの試合をスタジアムでもテレビでも一切見ないようにし、自分のブログでACLの試合について話題にするのも、原則としてもうやめようかと思っています。(Jリーグクラブに科された理不尽な処分に関する抗議の記事についてはこれからも書き続けます)

ここまでAFCが腐敗しきっているならば、AFCに良心を求めるのはムダです。

もはや、クラブに下されたそれこそ人種差別みたいな処分を撤回させられるのは、ACLをやっているスタジアムにお金を払って見に来たり、テレビでピッチ上の広告を見てその企業の商品を購入する「お客様」である、私たち日本サッカーのサポーターだけではないでしょうか。

AFCにとって一番怖いのは、お金を払ってくれるお客様であるサポーターなのですから、自分たちが愛するクラブを助けたいと思うなら、浦和のサポーターの皆さんが行動するしかありません。

 ここでもう一度、川崎の旭日旗問題に戻りますが、韓国側がパク・チソンの嘆願書を使うなら、こちらも「旭日デザインは韓国人に対する人種差別である」という誤解を解くために、川崎でプレーするチョン・ソンリョン選手に、橋渡し役になってもらうしかありません。

つまり「旭日デザインは、昔から日本人がおめでたいときや自分たちを元気づけたいときにかかげるもので、誰かに対する差別の意味合いなんてまったくない」という事実を、韓国サッカー協会を含めた韓国社会全体に対してチョン・ソンリョン選手に説明してもらうわけです。

毎試合、彼を応援している川崎のサポーターたちが、「人種差別主義者」などという無実の罪を着せられて悔しすぎる思いをしているわけですから、こんどはチョン・ソンリョン選手が川崎のサポーターたちを助けてあげて欲しいです。

川崎のサポーターの皆さんもクラブにメールや手紙を出すなどして、チョン・ソンリョン選手にお願いしてみてはどうでしょうか。



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



関連記事・旭日旗問題を考える(その1)

関連記事・旭日旗問題を考える(その2)

関連記事・済州(チェジュ)の蛮行

関連記事・阿部選手は絶対に済州の選手と会ってはいけない

関連記事・「済州は謝った」は、やっぱり嘘ニュース



  

■「済州は謝った」は、やっぱり嘘ニュース

 まず本題に入る前に、川崎フロンターレのサポが旭日旗をかかげて応援したとして、アジアサッカー連盟(AFC)から無観客試合と罰金のペナルティが川崎に課せられた事件の続報をお伝えしておきます。

14日、川崎は自らに対する処分は不当なものだったとして、AFCに対し不服申し立てを行ったことを発表しました。

この「旭日旗問題」については、当ブログでも何度か詳しく取り上げました。


当ブログ過去記事・旭日旗問題を考える(その1)) 

当ブログ過去記事・旭日旗問題を考える(その2)) 


5月に川崎がAFCに質問書を送り、今月4日に回答が来て、その内容に納得できないとして不服申し立てを行ったとのことです。

この問題は、ACLで川崎と対戦したサムスン・ブルーウイングスのサポーターが試合に負けた腹いせにアウェー側スタンドに乱入し、川崎サポに暴力を振るったことを帳消しにするために、そしてあわよくば川崎から勝ち点を剥奪して、サムスンがACL決勝トーナメントに進出できるように仕組まれた可能性があり、川崎を全面的に応援したいと思います。

ところで最近、九州にある「宗像・沖ノ島と関連遺産群」が国連のユネスコから世界遺産に認定されましたが、日本側がユネスコに提供した写真に、宗像大社のお祭りに旭日がデザインされた大漁旗をかかげて祝っている漁船が写り込んでいて、「けしからん」と韓国の代表団が大騒ぎをしたそうです。

http://www.sankei.com/life/news/170710/lif1707100012-n1.html

しかしこれこそ、昔からおめでたいイベントがあったときに、あるいはこれからおめでたいイベントが起こるように祈って日本人が旭日デザインの旗をかかげてきたこと、「旭日デザインは人種差別のためのもの、侵略戦争のためのもの」という韓国側の主張が間違っていることを示す動かぬ証拠です。

これを使ってフロンターレも日本サッカー協会(JFA)も日本政府・外務省も堂々と韓国人のウソをあばいて行って欲しいです。

 それでは本題に移ります。

5月31日に行われたACLの浦和レッズVS済州ユナイテッドの試合において、済州の選手が試合に負けた腹いせに浦和の選手に殴る蹴るの暴行を加えるというとんでもない事件が起こりました。


当ブログ過去記事・済州(チェジュ)の蛮行) 


ところが済州の選手たちをはじめ、韓国社会のほとんどにおいては「済州を挑発した浦和が悪いのだから殴られて当然だ」という、「盗人猛々しい」としか言いようがない世論であふれかえっていました。

しかし、日本側のほとんどのマスメディアは、そうした事実を日本国民に知られてはマズイかのように、「済州はちゃんと日本側に謝った。だから許してあげようよ」みたいなフェイク(嘘)ニュースばかり盛んに流していたのです。

ひどいものになると元プロ野球選手の張本勲氏やサッカージャーナリストの加部究氏のように、「浦和が勝者にふさわしい態度を取らなかったから」という理由で、済州の選手の暴力行為を正当化したり、まるで殴られた浦和の選手の方に非があるかのような暴論までとなえられていました。

しかし、日韓戦となった1993年ワールドユース・アジア最終予選の準決勝で、試合に勝った直後に韓国U-19代表チェ・ヨンス(現・中国リーグ江蘇蘇寧監督)が勝ち誇ったようにボールを日本ベンチに蹴りこんだのは有名な話で、そのとき「韓国代表は勝者にふさわしい態度ではなかったから日本人選手から殴る蹴るの暴行を受けてもしかたがない」みたいな主張を日本の新聞・テレビがしていたとは寡聞にして知りません。当時U-19日本代表監督だった西野さんだって、あの時のことよく覚えていますよね。

そうした中、済州の選手が来日して浦和の選手に謝罪するという話がもちあがり、当研究所は、浦和の関係者は絶対に済州の選手と会ってはいけないという記事をアップしました。


当ブログ過去記事・阿部選手は絶対に済州の選手と会ってはいけない) 


この記事を書いた理由は、済州の選手に反省の色がまったく見られず、「自分が悪いなんてサラサラ思っていないけど、FIFAやAFCから処分を受けないようにポーズだけでも浦和に謝罪しておくか」という、ゲスな魂胆がミエミエだったからです。

実際、済州の選手が来日する前にAFCから済州に罰金や出場停止などの処分がくだされたので、そんな話はきれいサッパリ無くなってしまいましたよね。逆に「自分たちはぜんぜん悪くないのだから処分を取り消してくれ」と済州がスポーツ仲裁裁判所に訴えるという話さえ出ています。

済州ユナイテッドはAFCから罰を受けたくない一心で、嘘の謝罪をしようとしていたことがこれで証明されてしまいました。日本の多くのメディアが流していた「済州はちゃんと心からの謝罪をしている。だからもう許してあげようよ」というニュースが嘘だったことも。

国際ルールを破った韓国のサッカー関係者が嘘をついて処罰を逃れようとするのは、これで三度目です。

アジアカップ2011で韓国代表のキ・ソンヨンが、日本人を猿とあざける人種差別パフォをやって、「スタジアムに旭日旗があったからやった」→「自分がプレーするスコットランドリーグで人種差別を受けたから、その報復としてやった」→「やっぱり、スタジアムに旭日旗があったからやった」などと、嘘の言い訳が二転三転したのが一度目。

2012年ロンドン五輪の3位決定戦で、パク・ジョンウが五輪憲章違反の政治的メッセージをかかげた時も、自分たちが悪いことをしたという反省の気持ちはサラサラ無かったのに、IOCから銅メダル剥奪の処分をくだされたくない一心で、韓国サッカー協会(KFA)がJFAにポーズで謝罪したのが二度目。

そして今回と、韓国人の国際的な信用を自分たち自身でおとしめるような行動ばかりしています。

 これに関連して、浦和や川崎がここまで韓国人サッカー関係者からひどいことをされているのに、Jリーグ各クラブが韓国人選手を続々と獲得しており、強い違和感しか感じません。

浦和に暴力を振るった選手と、他の韓国人選手あるいは監督は違うというのであれば、その証拠をみせてもらう必要があるのではないでしょうか。

済州の選手が浦和に暴力を振るった後、Jリーグに所属する韓国人選手あるいは監督から、済州の暴挙を非難するコメントが一切出てこなかったことが不思議でなりません。

韓国人の選手・監督のうち、済州による暴力行為を非難するコメントを正式にマスコミに発表した人だけをJリーグに受け入れるようにし、逆に済州の暴力行為を見て見ぬフリをしてノーコメントを貫いたり、少しでも暴力を肯定するような言動をした韓国人サッカー選手・監督は始めから獲得しない、既にJリーグにいる人物に対しては反スポーツ行為を賞賛したとして即刻解雇もしくは契約更新を拒否すべきです。

韓国人選手あるいは監督にも「思想・表現の自由」があり、日本以外のサッカークラブと契約する自由はあります。

ですから「浦和の選手をぶん殴った済州の選手は正しい」と考え、そう主張する自由はありますし、済州のプレーヤーの暴力を賞賛してJリーグ各クラブとの契約を拒否し、世界の他のクラブでプレーする自由がいくらでもあります。

しかし、浦和の選手に殴る蹴るの暴行を加え、日本のサポーターの気持ちを深く傷つけた済州の行為を肯定しながら、日本のサポーターが支払ったチケット料金から高額の年俸を受け取り、Jリーグでプレーし続けることは、たとえ相手が誰であっても絶対に許されることではありません。

いつ自分たちが被害者になるかわからないのですから、浦和・川崎以外のJリーグ各クラブも「自分たちには関係ない」じゃなくて、AFCから課された理不尽なペナルティが撤回されるように浦和や川崎に全面協力してあげるべきです。

もちろんJリーグ機構やJFAも浦和や川崎を全力でバックアップするべきでしょう。

けっきょく旭日旗事件も浦和に対する暴行事件も、サッカーで言うところの「シミュレーション」なんですよ。

相手チームが守っているゴールの前にあるペナルティエリアの中で、対戦相手からファールを一切受けていないのに自分から倒れた上で「相手に足をひっかけられた」などと嘘をついて同情を誘い、審判からペナルティキックからのゴールをもらおうとする行為がシミュレーションです。

かつてはシミュレーションに対する罰則がなく、「レフェリーがだまされてPKを取ってくれたらもうけもの」とばかりに、やりたい放題だったのですが、今ではひきょうで悪質なプレーであるとして警告の対象となります。

すべてとは言わないにしても、多くの韓国人は「差別のシミュレーション」の天才と言えます。

自分たちが何らかの利益を得るため、あるいは自分たちに罰がくだされるのを避けるために、実際に差別されたわけでもないのに、「自分たちは誰それに差別されたかわいそうな被害者です。同情してください。私たちにカネをください。悪いヤツを罰してください」と嘘をつくわけです。

川崎相手には今のところそれが成功し、浦和に対しては半分成功・半分失敗となりました。

(AFCから川崎に罰金が課されて旭日旗が使用禁止となり、済州には罰金処分がくだされたが、暴行を受けた被害者のはずの浦和にも罰金が課された)

サッカーの試合中と同様に、実社会でも「シミュレーション」をした者には厳しい罰が与えられなければなりません。そのようなひきょうな行為を肯定した者も同罪です。

済州の暴力を肯定する韓国人選手・監督はJリーグクラブで採用しない。これが悪質なシミュレーションに対するレッドカードです。

どういうわけか、この日本には韓国人のシミュレーションを正当化したり、積極的に応援しようとする新聞・テレビの記者がたくさんいます。

そういう人たちは「差別のシミュレーション」をした人の主張がまるで正しいかのようなフェイクニュースを日本の市民に向けて盛んに流し、年々それがひどくなる一方です。

メディア・リテラシーという言葉が日本で使われ始めてから久しいですが、新聞やテレビは必ずしも100%正しい情報を伝えているわけではないということを、私たち自身が良く知っておかなければなりません。

日本国憲法では主権を持つのは国民と定めており、新聞やテレビといった「第四の権力」を私たち市民がしっかり監視して、その暴走を防がなくてはいけません。健全な民主主義の発展のためにも、市民が書くブログというメディアの存在は非常に重要だと考えています。

最近、世界で「ポリティカル・コレクトネス」(政治的正しさ)という言葉が流行していますが、それを悪用する人が増え、逆にこの世界を住みにくいものにしてしまっています。

韓国人サッカー選手にしろ、日本の新聞・テレビにせよ、他人に無実の罪を着せるような嘘をついた人間が嘘をつきっぱなしで何の罰も受けず、いくらでも嘘を重ねていくことが許されるという世界の現状を私たち市民の手で変えていくことが、真の「ポリティカル・コレクトネス」につながるのです。



サッカー ブログランキングへ
↑いつもポチッと応援ありがとうございます。



  

プロフィール

スパルタク

  • Author:スパルタク
  • FC2ブログへようこそ!

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク






   

ブログ内検索